MR

小林化工MRを救いたい!転職すべきか残留か

MR

こんにちは!ビグモリです。

医薬品卸歴10年以上です。

私はかれこれ小林化工のMRを3人見てきました。

大手製薬メーカーMRのような頭脳はなく、どちらかというと私達に近かったです。

3人のうち1人は退職して医療機器の営業へ転職。

2人は、今もMRをやっています。

小林化工の不祥事に関しては、解説する必要はないと思いますが、

早いところ転職すべきだと思っています。

MR資格もあるのだから、さっさと転職エージェントに登録し、転職先があるのか確認しておくべきではないでしょうか。

私の友人である小林化工MRは、社内ではうちは大丈夫ということを言われているようです。

総合リース大手のオリックス(株)の子会社だという安心感なのでしょうか?

とは言え、世間的には安心とは言えません。

ネット上では、ここまでのことをして潰れないのが不思議だという世間の声も出てきています。

我々サラリーマンには会社を選ぶ権利があるので、わざわざ居座ることもないと思います。

では、本題に入ります。

小林化工MRが退職できない理由

・家族を支える大黒柱だから簡単には退職できない。
・子供を転校させたくない。
・MRのコスパが良すぎて退職できない。
・小林化工の働き方が好き
・30代以降だから転職に自信がない


などの退職できない理由があります。

守るべきものがない人はとっとと退職している様子です。

医療機器関係の営業職への転職が多いと聞いています。

MRから医療機器メーカーへの転職も簡単ではありません・・・多くのMSが転職して、すぐ退職しています。

給料を下げたくないのであれば、医療機器メーカーか製薬メーカーへの転職しか無さそうです。

私の知っている限り、小林化工はMRにとって働きやすい会社だと認識しています。

実績さえ上げていれば、居心地の良い会社で変な上司もいない・・・エリアにもよるでしょうが・・・

某漢方メーカーとは大違いです。

小林化工MRでもMSへは戻りたくないと言う

小林化工の不祥事もあり「MSにすぐ転職できるならどうする?」と友人MRに問うと、

MSだけは戻りたくない」とはっきり言う。

MSの仕事ってそこまでハードなんだと悟りました・・・

退職してからでないとわからないのが現実です。

今、年齢の若いMSは早いところ転職をおすすめします。

小林化工に在籍しながら転職の準備をする

小林化工を退職してもしなくても自分の市場価値を早めに知っておくべきだと考えています。

転職サイトに登録して求人検索してみると、めちゃくちゃ沢山の求人が出てきます。

ですが、求人数がある=就職できるではありません。

同じように、転職を考えている人が大勢します。

キャリアUPを考えているのであれば、現在のポジション(役職)も重要になってきます。

その点、小林化工であれば少数精鋭な中でやっているので、エリアマネージャー経験ありなどとPRができそうです。

おすすめは転職サイトではなく、迷わず転職エージェントへ登録して面談をするべきです。

思わぬ転職先を提案してくれます。

私であれば、営業経験があり新人に対する研修を行ったことがある人材が欲しいという企業を紹介されました。

医薬品卸営業から、企業の人事担当者として転職できる可能性もあります。

地元の企業なので給料は見込めませんが、営業からの脱却はできます。

年収が500万→300万台にダウンは妻や子供の生活もあるので厳しいです。

入社できるかは別として、転職エージェントは転職希望者の考えと経歴から合いそうな企業をピックアップしてくれます。

自分では思ってもいなかった未来へ繋がる可能性もあります。

30代からおすすめの大手転職エージェントを紹しています。
まずは1社登録して要領が掴めてきたら2社目3社目と登録するのがおすすめです。
【実体験】30代におすすめ転職エージェント3選を紹介!


小林化工に在籍中に転職エージェントに登録・面談を行い自分の市場価値の把握をしておくべきです。


実際に転職エージェントと面談してみました

医薬品卸が転職エージェントを使ってみると世界が広がった

製薬メーカーからの転職で年収UPを望めない


製薬メーカーMRの年収は世間一般的には高く700万~1,000万は普通にいます。

医療業界以外の転職で年収UPというのは滅多にないでしょう。

年収でMRほどコスパに優れている仕事はなかなかありません。

医療業界の景気も悪くなり、早期退職者を募るメーカーも多々あります。


製薬メーカーMRは年々減少傾向です。

新卒の採用はするけど、ある程度の年齢になるとリストラ対象になってしまいます。

MRとリストラは背中合わせです。

業界の甘い汁を吸えるのも長くはないと思いませんか。

そう考えるとMRからMRへの転職より、他の業界へ目を向けてみることをお勧めします。

MR経験者の転職先で多いのが、医療機器の営業、医療業界専門の人材紹介会社などがあります。

若ければ若いほど異業種はキャリアチェンジしやすいです。

仮に45歳で早期退職をした場合の転職先はおそらく、MRの仕事しかできない・・・という人が多いかと思います。

45歳になって、新しいチャレンジをしようと思える人は僅かです。

であれば、リストラと背中合わせのMR職に居座るより、身に付けた専門性の高い人達を納得させる論理的思考、プレゼンスキル、マネジメントスキルを持って他業種へのキャリアチェンジをお勧めします。

30代からおすすめの大手転職エージェントを紹しています。
まずは1社登録して要領が掴めてきたら2社目3社目と登録するのがおすすめです。
【実体験】30代におすすめ転職エージェント3選を紹介!


最後に:小林化工MRを救いたい

小林化工の社内では「うちの会社は大丈夫」と言われていても、世間的にはどう考えてもヤバいと思われているし、潰れていないのが不思議だという認識がある。

小林化工を辞められない理由は、

・家族を支える大黒柱だから簡単には退職できない。
・子供を転校させたくない。
・MRのコスパが良すぎて退職できない。
・小林化工の働き方が好き
・30代以降だから転職に自信がない

などがある。

小林化工を退職しなくとも、

万が一の為に自分自身の市場価値の把握と、どのような転職先があるのかを知っておく必要はある。

そこで利用しすべきは転職エージェントとなる。

dodaエージェント、マイナビエージェント、リクルートエージェントなどがある。
詳しくは【実体験】30代におすすめ転職エージェント3選を紹介!でどうぞ。



コメント

タイトルとURLをコピーしました