医薬品卸

MR不要と言われるが調剤薬局だってMSも不要かもな!

医薬品卸

こんにちは!ビグモリです。

またまた出てましたね。「MR不要論」

RISFAXさんもネタ切れですか?

各会社がちゃんとお金を払ってRISFAXの情報を買ってるのに・・・

これぞマスコミ戦法ですね。

コロナの患者数の発表の仕方と同じで視聴率稼ぎの様ですな~。

因みに金額はこれ↓

#MR不要論RISFAX藤田貴也

こんなハッシュタグ付けてSNSで拡散したら面白そうですね。

藤田貴也はRISFAXの代表取締役社長です。

では本題に入ります。

MR不要論は当たりではあるがハズレ

医療機関って、新しい情報がなかなか入ってこないのはご存じですよね。一般企業に比べて遅れてます。

今だに手書きカルテ、手書き薬歴、Windows7、ホームページもなし・・・そんなクリニックや薬局が山ほどあります。

特にMRやMSの出入りが少ないクリニックは、情報が入らないのか古い薬が多い印象です。

勘違いしないでほしいのが、古い薬がダメではなく医者や薬剤師のくせに薬の情報くらい知っとけや!ということです。

現場を回っているMRやMSは分かると思いますが、我々が情報を発信しなければ新しい薬や新しいGEの存在すら気づけない遅れた方々が沢山いるのです。

オンラインで情報を得ようとする医者や薬剤師ばかりではありません。

とはいえ、MRもMSも人数が多いのかもしれません。これから人数が減ることはあっても増えることはないでしょう。

間違いなくこれから不要になる人は出てきます。

さらに、コロナの影響で在宅勤務がMRだけでなく、MSもなんとかいけるということが証明されました。

MSの場合は常に在宅ではなく輪番制となります。

MRもMSもピンチはチャンスです。新しいものが生まれるでしょう。

一番不要なものは調剤薬局?

薬局数の推移
https://diamond.jp/articles/-/212915

全国にある調剤薬局の数は59,000軒だそうです。参考サイト:薬事日報

コンビニが56,000軒。

歯科が68,000軒。

んで、薬剤師の人数は、300,000人(登録者)
参考サイト:ジョブメドレー

地方では薬剤師不足とか言っているが、薬剤師が足りないのではなく、調剤薬局が多過ぎるのです。

大手のコンビニだってローソン、ファミマ、セブンの3社に集約化され、この3社だけでコンビニ市場シェアの9割を取っています。

医薬品卸もメディパル、アルフレッサ、スズケン、東邦の4社に集約されています。

この大手4社で医薬品市場の8割を取っています。これから医薬品卸は減ることはあっても増えることはありません。

んで、調剤薬局はどうなのかというと、大手5社のシェアは市場の数パーセントしかないのです。

まだまだM&Aされるか倒産していく運命ではないでしょうか。昔ながらの八百屋や魚屋がなくなり、コンビニになっています。

社会保障費の増大による財政圧迫を改善するため、国は調剤報酬を取りにくく、毎年の薬価改正で薬価差益を出させない方向に動いています。

国の方向性に付いていけない薬局は、どうぞ潰れて下さいと宣告しているのです。

不要な薬局から消えていく。

不要と呼ばれないMSになろうじゃないか!

クリニックや薬局からしてみれば、安く買えて薬が届けばMSなんかいらないという方々もいるでしょう。

要は得意先に付加価値を与えられないMSは不要ですね。

と、一般的には言われていますが、生意気な得意先や急配ばかりする得意先は、こちらから縁を切ることもあります。

ココだけの話、不要なMSだと思ってもらいたい薬局もある

無茶なことばかりいう薬局は、どの卸に対しても同じような対応をしています。

急配が多い!薬局なのに説明会で弁当を付けてくれ!弁当の数がやたらと多い・・・

薬局から要望される、弁当付き説明会って、MRに頼みにくいんです。MRに言うのも恥ずかしいんです。

しかもその薬局も処方元も扱っていない薬の説明会をしてくれって・・・誰得なん??

百歩譲って、弁当付き説明会の要望は許せても、毎回アホみたいな数千円の薬を仕切り価格割れで急配させやがる薬局はさすがに許せません。

こんな薬局はどこの卸にも相手にされなくなり・・・MSの滞在時間は数十秒。

〇〇薬局からの急配は全て断ろうと暗黙のルールが出来上がります。

そうはなりたくない薬局は、薬の管理をしましょう。薬は絶対要りますよね。

急配がいけないのではありません。

MRもMSも淘汰されるリスクはある

MRは既に、45歳以上の早期退職者を募ったりで淘汰されている傾向にある。

大手メーカーを退職後、GEメーカーに入社したおっさんMRが全く使えないという話はよくある。

次回の契約更新はないそうだ。

と、考えるとMRからMRへの転職は厳しいものとなってきている。

MSの人数も10年以上連続で減少しており、今後も増えるということは無さそうだ。

【全国のMS数】
・H29年:17,102人
・H30年:16,612人
・R1年:16,004人

MR不要論がRISFAXで掲載されていたが、不要なのは調剤薬局もそうである。コロナの影響で仕事ができない状況にあるMRを皮肉ったのがRISFAXである。

卸の立場から言うと、MRの在宅勤務ができる状況がうらやましいわ・・・。くそが!

コメント

タイトルとURLをコピーしました