MR

MRの転職は難しい?年収UPは無理ゲー

MR

こんにちは!ビグモリです。

医薬品卸歴10年以上です。

業界再編のためか40~50代のMRが、早期退職制度などで退職していきます。

毎回説明会で余った弁当を、わざわざ関係のない私に「コンビニにおるから取りに来いや~」と言ってくれていたMRも退職です。

業界のコンプライアンス徹底のため、当たり障りのない説明会、ディテールは正直なところ誰がやっても同じ。

何なら、説明会でセンスの良いお弁当で薬の採用が決まるなんてことも、現場では起きています。

20代30代前半なら良いでしょうが、長く腰を据えてやり抜く仕事ではなくなるような気もします。

薬剤師資格のあるMRは、地元の薬局や中小病院の薬剤師へキャリアチェンジする方もいました。

印象に残っているのは、50代後半から薬剤師として、第二の人生を歩んでいる方です。

薬剤師資格ってやっぱり、凄いわ・・・

60秒で転職サポート登録できる!

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」



では、MRの転職が難しい理由と年収UPは無理ゲーについての解説をしていきます。

MRの転職が困難な理由

MRを辞めて、他業種へチャレンジできますか。

MR以外の職種に就こうとする時に出てくる問題を紹介します。

下記の3つが問題として出てきます。

  • MRにしがみつかないと年収ダウン
  • 結婚して守るべき家族ができて他業種へチャレンジしにくい
  • マネジメント経験がないと市場価値が低い

MRを続けながらでも、自分自身の市場価値を把握しておいて損はありません。

転職エージェントでスキルの棚卸をすると世界が広がります!
医薬品卸が転職エージェントを使ってみると世界が広がった

MRにしがみつかないと年収ダウンする

MR以外の転職先の場合は、ほとんどが大幅に年収ダウンします。

MRの年収は30代で700~1,000万ほどになります。それ以外にも日当や住宅手当もあります。

異業種への転職は、ほとんどの場合は年収ダウン、手当がなくなる、休日が減るということが当たり前です。

下記の表は世間の平均年収のデータです。


MRの仕事にも慣れて、世間より給料も高い状況で、わざわざ他業種へ転職しようと思いますか・・・

会社から早期退職を促されてリストラ候補になっても、次の会社も製薬メーカーを探そうと思う方が多いと思います。

結婚して家族がいるため他業種にチャレンジしにくい

家や車のローンや子供の生活環境や習い事もある・・・

一家の大黒柱として守るべき家族がいるので、他業種に行って大幅に収入が減ると経済的に辛くなります。

リストラと背中合わせの業界に居座るのか、他の道を探すのか悩みどころです。

他業種でキャリアを積んでみたい場合は若い方が有利です。30代後半になると、面接にすらたどり着けないのが現状です。

自身の市場価値を分析するミイダスというツールを試してみて下さい。
市場価値診断なら、ミイダス!


マネジメント経験がないと市場価値が低い

MRはMRのまま退職される方がほとんどです。

マネージャーなど、MRを管理する職に就けるのは僅かです。

アラフォー以上で転職市場で価値が出てくるのは管理能力です。

普通の営業マンなら大勢おり、どの会社も営業経験がある若い方を採用します。

これを考えると、MRの異業種への転職先は難しく結局MRの仕事を探すことになります。

MRからMRへの転職は、よほどの経験、知識、スキルがないと多くの場合はキャリアダウン(年収ダウン)となるでしょう。

MRのおすすめの転職先について

MRから医療機器メーカーへ転職について

業界で一般的に言われているのが、医療機器の営業です。

医師との立ち回り方などMRの仕事と通じるものがあります。

MRに比べると年収は下がりますが、世間では高い部類に入ります。

医療機器業界 平均年収ランキング(2019 – 2020年)

業界動向SEARCH.COM

上記ベスト10に入れれば、年収も高いのですが、下は400万台となります。

医療機器の営業職がMRの仕事と通じるものはあるといっても、医師が扱う医療機器の知識と機器と連動するその他周辺の知識も学ぶ必要があるので、不向きな方もいます。ITディテラシーが低すぎると苦戦します。

MRからMRへの転職と違い、一から学ぶ必要があり苦戦する方も多いでしょう。

MRから人材紹介会社へ転職

MRから人材紹介会社への転職も多く、相談した転職エージェントや人材紹介会社の担当の方が元MRだったという話はよくあります。

人材紹介会社の仕事は薬剤師の転職支援、医師の転職支援、介護士の転職支援など医療業界と関連する方々の転職をサポートをすることもあります。

MR時代に関わったことがある方々の転職支援なので馴染みやすく結果も出しやすいと思います。

MRと比べると、年収、手当などはダウンします。

大手のリクルートエージェントに中途入社できたとしても、初年度は年収500万円どころか400万台に届けば良い方です。

また大手マイナビエージェントは380万~570万なっています。

MRのおすすめ転職先に惑わされない方が転職に成功する!

ここまで記事を読んで頂きありがとうございます。

年収ダウンを少しでも抑えたいという方の転職先は、医療機器営業、人材紹介会社、医療業界のコンサル業などがありますが・・・

年収UPや年収維持を中心に考えた転職はやりたいが、かすってもない仕事なので、苦痛で仕方ない思いをするかもしれません。

そう考えると、やりたい事や興味がある業界を中心に転職活動をする方が転職に失敗しません。

MR職で収入が高い=市場価値が高いはあり得ない・・・

本当の市場価値を知るために、転職エージェントと面談し自分自身のスキルの棚卸を検討することがおすすめです。

一次的に給料は下がっても長い目で見ると実力に見合った収入が付いてくるものです。

転職エージェントに根掘り葉掘り聞いて、狙い目の業界情報を仕入れて行きましょう。

【実体験】30代におすすめ転職エージェント3選を紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました