MR医薬品卸

MSとMRの違いは?チャンスがあるなら製薬メーカーを目指そう!

MR

こんにちは!ビグモリです。

医薬品卸歴10年以上です。

他のどこにも書かれていないMSとMRの違いを紹介します。

ネット上でよく見るのが、MSもやりがいがあっていいよ!って感じの記事がありますが、大嘘なので気を付けた方がいいです。

MSとMRのどちらに行こうか~と迷ってる場合ではない。

この記事を読むとMSという選択肢が有り得ないと感じてしまいますので、ご注意下さい。

まだ20代、30代前半であれば転職エージェントと面談をしてキャリアの棚卸をすることをおすすめします。

医薬品卸の私が転職エージェントを使ってみた記事です。
dodaエージェントがひどいって本当!?38歳の転職にも協力的なのか試した結果!

それでは本題に入ります。

医薬品卸の目線で見る「MRとMSの違い」16選

  1. MRは自社製品を広めるため、専門的な知識を持って得意先へPRするが、MSは浅く広く医薬品のPRを行う。
  2. MSは公平な立場という名目で、処方元に売りたい医薬品の提案を行い、その反応をMRに伝えて新規採用や増量に繋げる。
  3. MRは自社製品の効果や安全性や副作用などを正確に伝えた上で自社製品の営業を行なうが、MSはそこまでのPRは行わない。
  4. MRは医薬品の価格交渉や集金作業はなく、全て医薬品卸の仕事となる。
  5. 1メーカーの医薬品を4~5社の卸が扱っているため、メーカーと共闘して得意先へ医薬品の提案をしても見積りで負ければ他の医薬品卸から医薬品は納入されてしまう場合がある。(得意先も各卸に見積りを取らなければいいが、少しでも安く購入するため見積りを取る)談合・・・
  6. MRは医薬品の納品をすることはなく、納品はMSや配送の者が行う。
  7. MRは自社の医薬品に関連することが仕事になるが、MSは幅広い医薬品、試薬、OTC、機器・・・・その他、多数の仕事を行う。数をこなさなければ利益が小さい。
  8. MSは得意先に、ノルマ達成のために医薬品を「多めに買ってもらえませんか?」「1つだけ置かせてもらえませんか?」などとお願いをすることが多いが、MRは自ら得意先へお願いをすることが少ない。
  9. メーカーは販売報奨という形で、卸にアローワンスを与える側、卸は頑張って販売し、アローワンスを貰う側という関係。
  10. MRは有給が取りやすいが、MSは取りにくい・・・というより得意先から休んでいても、直で携帯に電話が掛かってくることもある。(医薬品の急配等で)
  11. MSは薬価改正前や得意先の棚卸前に山のような返品をもらい返品作業があるがMRはそのような雑用はない。
  12. MRは大卒でないと入社できず、MR資格を取らないと仕事もできないが、MSは専門卒以上なら入社できることもあり、特別な資格がなくても働ける。
  13. MRには日当がある。1日あたり会社により異なるが、2,000円~3,500円以上。例)年間3000円×20日の外勤=月60,000円×12=72万円非課税で貰える)MSには日当はない。
  14. MSの年収350万~700万ほど(給料とは別で住宅手当などの福利厚生あり)、MRの年収400万~1,000万以上(住宅手当、日当は別で支給などの福利厚生を入れると・・・高給取り)
  15. MRの仕事を見ていると、給料が高い=激務 ではなく、給料が高い=利益率が高く効率化という印象がある。MSの仕事は、給料は世間体には悪くはないが、薄利多売的な売り方が目立つ。
  16. MSの仕事はMRと違い得意先の御用聞きで、低レベルだとバカにされやすい(例えるならサザエさんに出てくる三河屋のサブちゃん)実はこれはバカにはできない。御用聞きをやっていたMSが、気づいたら得意先の事務長になっていたり・・・御用聞きをやっていたMSが調剤薬局の幹部になっていたりもある。

大手製薬メーカーMRにアホはいない

偏見かもしれませんが、製薬メーカーMRで頭の悪い人はあまり見たことがありません。

MS上がりのMRも含めて、割と優秀な人が多いです。

私の周りのほとんどが、卸を辞めたくても辞めるのが怖いというMSが大多数です。

そんな中で勇気ある決断をしたMSは優秀な人ばかりです。

医薬品卸のMSを辞めるという勇気ある決断をした人達の転職先

結果、優秀な人材が辞めていき、中途半端なMSが残って居座るという感覚かな~と思います。

現在20~30代前半の方であれば自分の可能性を把握するために転職エージェントと面談しスキルの棚卸などを行うのもおすすめです。

チャンネル登録者数100万人超の両学長も転職エージェントをおすすめしてます。

【転職初心者必見】転職エージェントを利用する”前”に知っておくべき重要ポイント8選【稼ぐ 実践編】:(アニメ動画)第26回




MSがMRを超えられない壁

年収や福利厚生はMRには敵いません。

MSはMRより年収が安く、手当もMRに比べると遥かに低いです。

アラフォーのMSとMRの年収をざっくりとみてみると、

アラフォーMS:年収450万~600万以上
アラフォーMR:年収600~1000万以上

MRは日当と住宅手当が付くと、年収+200万なんてことも大ありです。

MSにも会社都合の転勤などで住宅手当はある場合もあります。

MRの福利厚生は、メーカーにもよりますが医療業界では頂点だと思います。

将来的な年収でいうと、

看護師<MS・薬剤師<MR<医者

こんなところでしょうか。

ライフワークバランスの頂点にいるのもMRではないでしょうか・・・

休日・有給・年収・福利厚生・世間体・・・

MSも世間一般で見ると、年収は悪くありませんが、身近なMRの給料が高いので惨めな気持ちになります。

MRは、転職を上手く繰り返せばさらに年収UPを望めます。

MR転職にもおすすめエージェント3選

【実体験】30代におすすめ転職エージェント3選を紹介!


MSでは、仕事内容・年収・休日の充実では、MRは超えることはできません。

あれだけ一生懸命、出荷調整やらで頑張ったのに、MSの認知度も低いです・・・

せめて奥さんだけは高収入な女性を見つけたいところです。

元MSで現在MRの友人はマッチングアプリで教師と結婚してます。

こちらの記事のマッチングアプリは優秀です!

医薬品卸MSは出会いは多いけど彼女ができない・・・そんなMS恋愛事情に朗報!

MSをやるかMRをやるか迷ったらMR以外の選択肢はない

MSからMRになりたいと転職する人は多くても、MRからMSへ転職したいという方は、聞いたことがありません。

MRがMSの仕事内容をまじかで見ていれば、MSになりたいなどというMRは、まずいません。

MSしか経験のない人はこの仕事内容が普通なのかと感じると思いますが、MSからMRへ転職していった人達は二度とMSには戻りたくないと感じています。

どんな状況でもMSへは戻りたくない・・・

小林化工MRを救いたい!転職すべきか残留か

MSからMRの転職は年々厳しくなっています。

新卒入社ならともかく、かなり狭き門になっています。

この記事のマイナビエージェントかdodaエージェントは未経験からMRへチャレンジ可能です!

医薬品卸のMSからMRへ転職ルートを調べてみたが・・・狭き門。

MRになれば、奨学金の返済も楽になるという話も多いです。

この記事は感動です!

MSからMRになり、奨学金を800万返済して強者もいます。
奨学金800万円を8年で全額返済した体験談!進学・就職・結婚などを全て公開します!

奨学金は借金です。結婚して子供が生まれても返済するまでずっと続きます・・・

私もアラフォーになっても月々17,000円ほど返済しております。

MRのメリットばかり伝えてきましたが、実際にそうです。

毎回のごとく、記事がグダグダですが真実です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました