30代の転職について

【実録】30代後半の転職に失敗した事例から学ぶこと

30代の転職について

「転職した先輩や同級生が転職先の悪口を言っていて…転職活動が不安になった。」

などのことはないですか?

確かに、転職活動は働いたことのない会社に入るのでわからない部分も多いと思うのですが、

確認すべき点を事前に確認していればミスマッチの確率はグッと減ります!

今回は30代後半の転職の失敗例から、その原因、失敗を防ぐためのポイントを解説させていただきます!

この記事は、大手人材紹介会社で採用担当をしているKonyさんに執筆していただきました。

30代後半の転職の失敗例

30代後半の転職失敗による短期離職(1年以内)は今後のキャリアを考えた際、かなり不利な状況になります。

そのため30代後半はより慎重に転職先を選び、決めることが重要です。

よくある転職の失敗例

30代後半の方々の転職を失敗したなと感じられる理由としては下記が多い傾向になります。

” 人間関係 ”

「職場の平均年齢が思ったより若く、馴染めるか心配です」

「上司になる方が年下で、ビジネスマンとしての常識も欠けているように感じて心配」

” 教育体制 ”

「未経験で入社したものの社内がバタバタでなかなか業務を教えていただけないので不安」

「社内のことがわからないので、誰に何を聞いていいかわからない…」

” 職務内容 ”

「友人の紹介で入社したが、職務内容など聞いていた内容と違った…」

「入社してすぐに、部署が異動になり…希望していた仕事内容ができない。」

転職失敗が起こる原因

上記のような「人間関係」「教育体制」「職務内容」という転職後の不満が起こるには原因があります。

人間関係・社風

30代後半になると20代と比べ社会人として成熟しており、「〇〇は当たり前」という自分ルールが気づかない間に増えています。

そのため、新しい会社に入ると、また新しいその会社ならではの当たり前に出会うことになり、その際にご自身の価値観に合うかどうかという点で人間関係・社風含め不満が出て来ることが原因です。


■教育体制

特に初めての転職の方や、小規模の組織への転職となる場合に起こるのですが、

新卒採用の際や、大手で中途採用人数も多い会社の場合は、研修制度など入社後のフォロー体制があるのですが、中途採用はまとめて複数名が入社ということが少ないので、

基本的に研修制度を設けている会社は少ないです。

そのため、入社後1〜2日程会社の制度などについて人事から説明を受けた後、

すぐに現場に配属され、業務をしながら都度上司に質問などをしながら仕事に慣れていただため、誰に聞いていいかわからないなどで、なかなか仕事が覚えられず不安になることが原因です。


■職務内容

入社時に詳しい職務内容やキャリアパス制度、今回のポジションの採用理由などを聞いていないため、しばしばご入社後「想像していたものと違った…」などが起こることがございます。

企業も「当たり前でしょ!」と思いわざわざ説明しなかったなどのケースも多くあり、

「説明されていない。」「聞かれていない。」で会社に対する不信感が出てしまうことが原因です。

【無料】安定の大手転職エージェント

転職を失敗しないために

転職を失敗しないためには、事前の確認が非常に重要です。

選考中など、内定を受諾するまでの間にしっかりとご自身で確認していただくことが大切です。

確認に必要なPOINTは下記です。

■人間関係・社風を知る

人間関係や社風を知るためには、「配属の部署の構成ってどのような人員構成ですか?」

など、配属組織の「人数/男女構成/年齢」などを事前に聞いていると良いです。

また、依頼できるようであれば、「社員面談」や「職場見学」など会社の雰囲気や部署の雰囲気が分かるような機会を持っていただけないか。とご依頼してみてください。

※聞くタイミングや依頼のタイミング…1時面接後もしくは内定通知書発行後にご依頼いただくと良いかと思います。

■教育体制

教育体制に関しては、「入社後ってどういう流れになりますか?」や、

「〇〇に知識がないので入社後習得したいなと思うのですが、何か研修制度などありますか?」など、どういう風にご入社後部署に配属されるのか、配属後はどういう流れになるのか、先に聞いてみてください。

※聞くタイミングや依頼のタイミング…1時面接後〜最終面接前もしくは内定通知書発行後の人事面談などの際に聞いていただくといいかと思います。

■職務内容

職務内容についてはまず求人などに書かれている職務内容をみて、ご自身で仕事をするイメージがつくかをまず考えてください。

イメージがつかない場合は、気になる点を聞いてみてください。

また、今回の採用に至った理由などに関しては「今回のポジションの採用背景は?」や

「事業部を××のようにしたいなどミッションはなんですか?」などを聞き、

あまりにも採用背景が不明確な場合はもしかするとご入社後怪しいかも…と少し疑っていただいた方がいいかもしれません。

※聞くタイミングや依頼のタイミング…1次面接の中で必ず聞いておいてください。

面接が進むにあたって志望動機などを聞かれるため、正しく理解をしているかは重要になるので、1次面接時点でちゃんと理解しておくことが大切です。

実際の転職活動において

転職を失敗しないために」で説明したように、事前の確認がご入社後のミスマッチを防ぐためにとても大切になります。

しかし、なかなかつっこんで聞きにくい…などの場合もあると思います。

その場合は「転職エージェント」をご利用ください。

転職エージェントに登録し担当のコンサルタントに、

「社風についての情報ありますか?」や「面談ってできないですか?」などをご依頼いただければ、エージェントが企業の人事担当に情報収集や、面談の依頼・セッティングを行います。

信頼の大手転職エージェント!

そのためより詳しい情報を知りたい場合は転職エージェントに登録することをお勧めします。

転職エージェントに登録するほどでは…という方は、

受けている企業の採用HPのインタビユー欄や、新卒のナビサイトのインタビュー欄などをみていただくと、実際の社員の方の表情や、雰囲気を感じ取りやすいかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました