医薬品卸

医薬品卸という職業は転職市場で価値はあるの?人材紹介会社勤務のぶっちゃけ話!

医薬品卸

医薬品卸の方の転職志願者の登録は増えています。

大手人材紹介会社で採用担当をしているKonyさんに医薬品卸の市場価値について書ける範囲で執筆していただきました。

よくご登録者さんから「市場価値ってどうなんですかね?転職すべきだと思います?」って聞かれるのですが…

答えとしては 市場価値は人によってかなり分かれます です。

専門的な分野ですので、希望の職種に転職できる方と転職活動が苦戦される方はかなりはっきり分かれる傾向にあります。

今回は、転職市場で医薬品卸営業(MS)が人事からどのように見られ、どのように活動をしていけば良いのかを解説させていただければと思います。

30代後半までの方向けの「役立つ転職エージェント」を紹介!

医薬品卸の転職市場での価値

転職市場において医薬品卸でのご経験がどのように見られ、どのような転職活動になるのかを解説させていただきます。

人事は医薬品卸営業(MS)の方をどのように見るのか

書類選考においての印象は、担当する人事の経験によって変わります。

医薬品卸MSは、少し特別な仕事という印象を第1印象で受けることが多いです。

新米の人事
新米の人事

医療系の業界ってなんだか独特そうだな…。

(メーカーの人事などからすると)少し年収が自社の水準より高そうかな…。
※医薬品卸って世間的に給料は悪くないのです。


ベテランの人事
ベテランの人事

営業かマーケティングどちらかといえば営業だけど、営業スタイルが独特だからな…。

あと業界的に、ならではの慣習とかある業界だし…MRとか製薬会社に行った方が幸せなんじゃないかな…。

上記のように、国が関わる薬価改定というイメージから「少し独特な業界・商材

MS(マーケティングスペシャリスト)という名前から「職務内容が独特」というような『独特』というイメージをもたれます。

転職活動について

医薬品卸営業(MS)の転職において、よくカウセリング時に言われるのは

「同業界内での転職」「別業界への営業職の転職」「マーケティング職」の3つです。

間違いなく、転職活動がスムーズに行くのは「同業界内での転職」です。

実際、別業界へのご転職やマーケティング職へのご転職を目指される方もカウンセリングに来られますが、

書類選考がイメージ先行でなかなか通過しない、職務内容の説明が難しく面接通過しないなど転職活動が難航するケースがよく見受けられます。

転職を成功するために

下記数のパターンの転職軸ごとにご説明させていただきます。

・今までのご経験を活かす同業界内での転職

先ほどお伝えしたように、『内定確率が1番高く年収アップの可能性が1番高い』おすすめの転職軸です。

転職先企業としては、製薬会社のMR・医療機器メーカーの営業・他医薬品卸会社などが挙げられます。

しかし、MRは全国転勤が必須のポジションが多い点と、医療機器メーカーは手術立ち合いなどポジションならではの特性があります。

事前に職務内容や将来的なキャリアなどを確認した上で応募や意思決定してください。

・別業界への営業職の転職

MSからの別業界への転職での1番の山場は書類選考です。

応募が多い会社などは、書類選考前の段階で「〇〇業界にいる人が欲しい!」など細かく設定しているケースも多いです。

その際イメージ先行ではありますが、医薬品業界はターゲット外に設定されている可能性も多くあります。

そのため、まずは書類を届け面接の機会を得ることを1番の山場として捉えてください。

おすすめの転職の方法としては、人材紹介などの転職エージェントを利用して間に人を介することによって書類+αの情報を人事の届けられる環境を作ること、

30代後半までの方向けの「役立つ転職エージェント」を紹介!

もしくは転職サイトからの応募でも、通常の提出書類に合わせて応募理由や活かせるスキルなどを足して提出していただくことをおすすめします。

・マーケティング職への転職

マーケティング職への転職ですが、正直マーケティング求人を出している人事からすると、「マーケティング未経験者枠」として書類選考される可能性が高いです。

そのためマーケティング経験を求める求人よりかは「未経験者募集の求人」や、

マーケティングの中でも「数値分析」などを求めているような求人をメインに応募していただくことをお勧めします。

転職方法は、転職サイトからの応募をお勧めします。

マーケティング職種などは応募が多い職種のため、1名採用に100万円以上の手数料を必要とする人材紹介サイトより、転職サイトからの採用の方が未経験職種は採用可能性が高いです。

まとめ

医薬品卸のみならず医療業界は転職市場において、営業スタイルや社内の動きが想像しにくい分、どうしてもイメージが先行してしまいやすい業界です。

そのため、転職活動を難航される方も多くいらっしゃいますが、世の中の流れとして事業の多角化が進んでいる中で、様々な観点から提案できるMSのようなコンサルティング営業と言われるような営業スタイルの方の市場価値は上がってきています。

大事なのは、イメージに惑わされず、自身のご経験をしっかりと書類・面接で相手に伝えることができれば転職活動成功にグッと近づきます。

お持ちの経験はしっかりと他社でも活かせる経験のため、市場価値をどう作るかはご自身次第です。ぜひ自分の市場価値を上げて転職ができるようにご準備ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました