医薬品卸

【悲報】医薬品卸の営業(MS)の仕事について現役MSが語ります!

医薬品卸

医薬品卸の営業(MS)歴10年以上のビグモリです。

医薬品の営業と聞くと、メーカー(MR)と勘違いされる方もいますが、我々、医薬品卸はメーカーではなく、医薬品のルート営業です。

メーカーから医薬品を仕入れて薬局やクリニックや病院に薬を納品する仕事です。

重たい輸液や医療材料、医薬品を納品しつつ、合間を縫って営業活動を行います。

それでは医薬品卸の営業の辛さやノルマなどについて解説していきます。

医薬品卸の営業職の辛い部分を紹介

営業職なので当然ノルマがあり、売上を上げなければならない!

会社からは新薬の軒数や売上や利益を求められますが、実際は得意先からの急配や、日々の納品活動に追われて思うように営業活動が出来なくなっているMSが大勢います。

メーカーから新薬が発売される度に、医薬品卸の営業マン(MS)はノルマを課せられて軒数に追われます。

時には、処方が出る見込みがない薬局にノルマのために、新薬を置いてもいいですか?と毎回毎回、頭を下げてお願いすることも多いです。

医薬品卸を辛くさせるのは見積もり作業

担当する得意先にもよりますが、1,000品目近い見積もりをJANコード無しで渡されることもあります。

JANコードがないってことは、社内システムに突合させることができず薬価から仕切り価格から自分で1つ1つ調べなければなりません。

その作業の為に、土曜出社や朝7時前に出社して見積もり作業を行うMSが多いのも事実です。

薬価改正後の4月、5月、6月あたりは見積もり作業で辛い時期になります。

せっかく見積もりを作成しても医薬品が納入できる保証もありません。談合でもしなければ・・・

因みにメーカー(MR)には見積もり作業はありません。

医薬品卸は営業でありながら配達で力を使うので辛い

私の場合は中小病院をいくつか担当していたこともあり、毎日毎日・・・ポタコールという輸液を台車で運んでいました。

産まれて初めてぎっくり腰を味わったのはポタコールを運んでいる最中でした・・・。

配送の方が大勢いる営業所はいいのですが、自配(自分で配送)が多い営業所はスーツが擦れたりでボロボロになります。

各自ルート内の得意先に医薬品の納入をするので、車に乗って降りての繰り返しです。

MRに医薬品の納品作業はありません。

医薬品卸の営業を何年やってもスキルが付かない・・・

10年以上MSをやっていて、辛いのは「スキル」が付かない事です。


23歳で入社して、約2~3年もあれば医薬品卸の仕事は中身は把握できます。

医薬品卸を5年続けても10年続けたとしても得られるスキルというのはルート営業を経験したということだけです。

転職の時に、評価される部分は営業経験(ルート営業)のみです。

浅い医薬品の知識は、他では通用しません。

メーカーMRのように、MR資格を持っていないので、製薬メーカーへ転職ということもできません。

医薬品卸から転職しようとした年齢が、20代後半くらいであれば、未経験からMRの道も転職エージェント経由で可能です。

MR未経験からでもMRへなる道は存在します。
MR未経験でもMRへ転職したいならマイナビエージェントかdodaエージェント!


医薬品卸の営業をやっていて良かったところを紹介

10年以上MSの経験がある私から見て医薬品卸の営業をやっていて良かった点は、自分が提案した医薬品やシステムなどを気に入ってくれ採用になった時にはやりがいを感じます。

ルート営業なので、決まった得意先しか訪問しないので慣れると楽になります。

自分の担当するメーカーのプロモーターとして、営業所のMSに目標達成の指示を出したりとマネジメント的なこともするのでやりがいを感じることもあります。

医薬品卸の営業が辛くて辞める人について

医薬品卸の営業にやりがいを感じてやっている人もいますが、毎日のルーチンワークや急配が辛い、MRに比べて仕事がハードなわりに給料が安いなどと感じて、退職する若手MSは大勢います。

MRの年収は660万円~708万円です。
(住宅手当、日当などを入れると+100万~200万)
参考サイト:平均年収.jp
メーカーによっては30代で1,000万以上もあります。

MSは世間的には、給料は悪くはないのですが、MRに比べると福利厚生を含め見劣りする給料ではあります。

医薬品卸歴10年以上の私の年収は500万ちょっとです。(借上げ車両手当含む)
詳しくは、医薬品卸の年収を暴露!アラフォーのペーペーのでよければ。

退職する若手MSの転職先は医療機器メーカーや製薬メーカーMRが多いです。

私、個人的には若いうちはMRへの転職も良いと思いますが、将来的にMRは削減される傾向にあり、給料減少も見えています。

そんな業界に転職するよりも他の業界を見に行ってみるのもおすすめです。

アラフォーの私が転職エージェントを利用して世界が広がった話を紹介します。
医薬品卸が転職エージェントを使ってみると世界が広がった

最後に:医薬品卸の営業(MS)を辞めたくても辞められない人が多いのが現実

医薬品卸を辞めたいけど、大したスキルも無いので辞めるのが怖いというMSは沢山います。

20代だったら、とっくに辞めているというMSも沢山います。

医薬品卸に入社したい!と思われている方もいるかもしれませんが、この記事は私の周りのMSの事を書いています。

やりがいを持ってMSをやっている方々も大勢います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました