30代の転職について

30代で転職は手遅れなのか?資格も何もない悲惨過ぎる?

30代の転職について

こんにちは!ビグモリです。

この記事は、大手人材紹介会社で採用担当をしているKonyさんに執筆していただきました。

今の会社は上が詰まっていて、これからどうなるんだろう。

年収をあげたいけど、なかなか上がらない。

この会社で一生働くのかな。このままこの会社でいいのかな。

家族とかのことを考えると、今がラストチャンスなのかな。

転職を考えたいけど…なんか転職って20代でするというイメージだし…30代ってもう手遅れ…?

資格がないと自分のやってきたことをどう表現したらいいんだろう…?

20代の勢いと若さで決断する転職とは違い、

30代の転職は制限が出てきたり、将来のことも自分のこともぼんやりと見えてきて、

一番不安で、一番難しい時期だと思います。

この記事で分かること

大丈夫!30代の転職は手遅れではない!

人材大手エージェントの登録者層の3割以上が30代という事実!

30代後半までの方向けの「役立つ転職エージェント」を紹介!

本当に30代の転職は遅くない?

転職エージェントDODAを運営するパーソルキャリアが2019年8月に公開している情報によると、転職成功者の平均年齢は31.7歳(女性29.8歳/男性32.6歳)となっています。

下記データを見ていただければと思うのですが…

20代の若手層の登録層が増え、第2新卒の採用を行う企業様も増えていきている中で、

データに見て取れるように転職成功者の平均年齢は年々上がっています。

https://doda.jp/guide/age/

つまり、30代でも転職成功している方は増えています。

30代後半までの方向けの「役立つ転職エージェント」を紹介!

そして、約32歳という平均年齢以上に、20代の母集団が増えていることを考えると、

30代でも前半だけではなく幅広い年齢層で転職成功していることが見て取れます。

※余談ですが…

最近の法人側の採用トレンドとしては、若手層の採用と言われることも多いですが、

大手転職エージェントで法人営業をしていた私が見てきた限り、

実は、若手採用は「渋々…」から始まりました!

元々、新卒文化が強い日本で、中途採用は「即戦力」という考え方が根強く元々30代の経験のある層が人気でした。

しかし、石の上にも3年という言葉が通用しなくなり…、第2新卒層のエージェントへの登録が活発化し始め…

法人側は、新卒が売り手市場になり、転職希望者の選択肢も増え、採用市場は新卒・中途ともに激化…


景気も上向きのここ数年、拡大景気の中で人手不足…

幾度となく…企業の採用要件に対し、「そんな人いません!未経験採用に切り替えませんか?ポテンシャルを見ませんか?」という提案をしました…。

そして、ヘッドカウントでもいいからせめて人が…ということで研修体制が整っている会社から順に26~29歳の採用を行い始めたという背景があります。

(もちろん経験によっては20代でも即戦力レベルはいますが、ジョブローテンションや研修期間が長い日本の会社では「これができる!強みです!」とはっきり言える年齢は30代ぐらいと判断されることが非常に多いです!)

企業が30代に求めていることは?やっぱり資格?

中途採用を行う企業が30代に求めることはやはり「即戦力」が多いです。

ただ即戦力と一言で言っても資格=即戦力ではない。

※建築士や薬剤師のような資格がMUSTの職種は別ですが。

即戦力とは何かというと大きく分けると「社会人スキル」「汎用性のあるスキル」です。

・「社会人スキル」:ビジネススキルなどと言われることも多いのですが、1から教育しなくて大丈夫かな?ということです。

そのため、企業が採用するときに見ている目線は、

”育成にどれぐらいの期間とコストがかかるかな?”

(社会人としてのビジネスマナー/自分で考え行動をできるかどうか…など)

新卒じゃなくて、ある一定の落ち着いた年齢を採用する意味ってなんだろう?という中途採用で人を採用する意味のような部分を考えながら見ています。

・「汎用性のあるスキル」:全く同じ業界・職種で転職をすることもあるかもしれませんが、大体「職種」は一緒だけど業界が違う、「業界」は一緒だけど職種は違うなど、全く今までの経験を全てそのまま活かせる!という転職は多くないと思います。

そのため、企業が採用するときに見ている目線は、

”どのように実績を残し、どういう判断をする方なんだろうか?”

実績や経験を羅列するだけではなく、なぜその実績を残すことができたのか、

「どういう状況で、どのような判断をし、どういう行動をしたのか」を聞きながら、

今までの業界知識または職種でのノウハウを生かして、「あ〜うちの会社で活躍してくれそうだな〜」とイメージしながら聞きます。

30代転職の結論

結論ですが…30代の転職は手遅れではないです。

むしろ、経験のアピールの仕方次第で、本当はこういう方が欲しかったんだよね!という

30代後半までの方向けの「役立つ転職エージェント」を紹介!

心のどこかにある、「中途採用は即戦力」という心をくすぐることができます!

コロナなどの状況で転職を悩まれている方も多いと思いますが、

若手未経験採用などは、会社として利益をうむ存在になるまで時間がかかる採用を一時的に取り止めている企業は増えていますが、企業にとって長い目で見たときに人を採用したいという気持ちは変わらないので即戦力と呼ばれる社会人経験を持った30代向け求人なども多数出ています。

(「元々若手未経験採用にしてたけど、経験者採用にします。」などのお声をいただくことも多いです。)

今までのご経験に自信を持って、良い転職活動になることを願っています!

30代後半までの方向けの「役立つ転職エージェント」を紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました