30代の転職について

30代後半の転職!スキルなしでも絶望しない方法

30代の転職について

社会人経験は10年以上あるけど、これといってスキルなしの転職活動は厳しいものがあります。

30代後半の方に求められるのは、管理能力や即戦力となります。

管理経験や即戦力がない人の転職活動の現実は厳しいです。

しかし、その厳しい状況の中でも、転職のプロとの面談と紹介で自分の思う企業へ内定をもらっている30代後半の方もいるのも事実です。



今回記載させていただく現実を受け止め、今後の良い転職に向けての参考にしていただければと思います。


スキルがないと思われる30代後半の方に向けた記事となります。ご参考になりましたら幸いでございます。

30代の転職市場でスキルなしってどんな人?

人材紹介サービスで「あ〜この人のスキル厳しいな〜」と言われる人は数パターンあります。

①社会人経験がない。もしくは短い。(正社員経験が3年以下)

②転職が多すぎて定着したスキルが見つけにくい。(35歳以上で5社経験/1業界・1職種での経験が3年以下の場合)

①②から見て取れるように、「スキルが厳しい」という判断は職種や業界で判断されるわけではなく、ご自身がどういうキャリアを歩んできたかというキャリアの流れで判断されることが多いです。

スキルなしの30代後半で転職の現実

転職を始めるにあたって、キャリアに自信がなくどうしたらいいのか…という多くの方は

人材紹介サービスでカウンセリングを希望される方も多いかと思います。

実際に人材紹介会社でどのような現実が待ち受けているのか、人材のプロはどのようなアドバイスをするのかを解説させていただきます。

30代後半になると人材紹介に登録してみたがカウンセリングも受けられない!?

人材紹介会社(転職エージェント)に登録をし、カウンセリングを希望した場合に待ち受けている現実は…

”カウンセリングを受けることができない”という厳しい現実です。

実際に、お断りのメールが届きます・・・

人材紹介サービスもコンサルタントを増やしているので、カウンセリングを受ける機会も増えているのですが、やはりカウンセリングをさせて頂ける方の人数には限りがあり、カウンセリングを受けられる方には限りがあります。

優先順位としては、年齢「20代〜30代前半」×転職回数「2回以内」×学歴「大卒」×資格「技術系資格」などの条件に当てはまる数が多い方から順にカウンセリングを行っていくような仕組みになっています。

そのため30代後半スキルなしとなると、上記に当てはまらず…カウンセリングの機会が回ってきにくい状況がございます。

そうなると、ハローワークや転職サイトなどで自力で探すしかありません。

ですが、裏技もあります…

カウンセリングの案内がこない場合もメールで案件の紹介は受けることができます。

メールできた案件で気になる案件に応募をするとその結果、連絡が転職サービスの担当者からきます。

その担当者からの連絡に返信する形で連絡をし、カウンセリング希望の旨を伝える、もしくは転職活動の相談をするとカウンセリングを受けることができる可能性が高まります。

転職希望者から、アクションを起こすことがポイントですね。行動した者勝ちな部分もあるので、要チェックです!

30代後半の書類選考の通過率は…50社受けても1社?!

どのような業界・会社を受けるにもよりますが、実際に人材紹介会社(転職エージェント)でカウンセリングさせていただいた方でも50社受けて1社も通過しない…とご相談を受けることも珍しいことではありません…!

現在採用のトレンドは「20代若手の採用」と「30代即戦力経験者採用」の2極化となってきています。

そのため、年齢や職歴で書類選考がお見送りになるケースが高いです。

30代後半で書類選考に通過しない方へ人材のプロがするアドバイス!

書類選考通過がネックになっている方に関して、人材紹介サービスのコンサルタントがよく行うアドバイスは ” 受ける会社を変えましょう ” です。

これはただ、希望じゃないところを受けましょう!という意味ではないです。

各職種の職務内容を正しく知って選択肢を増やし、今後入社して1からやり直すと考え丁寧な教育体制などの環境で会社を選びましょう!」という意図での提案です。

具体的にどのような会社を紹介されることが多いかというと…

・工場の製造ポジション

工場の製造職はマニュアルがしっかりある会社も多く、未経験でも積極採用を行っています。

また、少し重いものを持っていただく可能性もあるものの、ご年齢が高い方も活躍されている例もあるので、あまり年齢も気にしないケースが多いです。

・警備や清掃ポジション

警備などは大手の子会社などの会社も多く、研修制度も充実している会社も多いのでおすすめされることも多いです。また夜勤や資格取得制度などもある会社も多く、将来的に未経験からでも年収を上げることができるのでおすすめされることが多いです。

・配送ポジション

運転免許や運転の頻度は求められますが、運転ができればルートなどが決まっている定期配送などがメインになるため経験は求めません。また現在物流量なども増えおり、人材不足の業界のため採用ニーズも多く、未経験からでも大手に入社できるチャンスがあるたご紹介させていただきます。

・飲食の店長候補・店長ポジション

飲食業界は、店舗展開が売り上げ拡大に必須のため展開するためには人材が必要です。そのため人材ニーズも多く、かつ接客などは人柄が重視されやすい職種のためお人柄次第では30代は経験不問で採用している場合も多いです。

また、大手チェーンなどはマニュアル化やIT化も進んでいるため未経験枠・人柄採用枠も多く配送ポジションと同様、大手への入社チャンスもございます。

30代後半の転職で一般的な楽な仕事についての記事です!

まとめ:30代後半スキルなしからの転職

今回ご説明させていただいように、30代後半のスキルがない転職はかなり厳しい現実がございます。

そのため、ただやみくもにご自身の希望だけで転職するのではなく、現実をしっかりと見つめながらその中で、

どのような環境で働きたいのか。

どういう転職活動をすべきなのか。

にしっかりと向き合い、考えて転職活動をしていただければと思います。

38歳の医薬品卸が実際に転職エージェントと面談を行った結果を記事にしています。
【実体験】30代の方におすすめ「役立つ転職エージェント」を紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました