医薬品卸

医薬品卸で出世よりスキルを身に付けたいと思う

医薬品卸

こんにちは!ビグモリです。

医薬品卸歴10年以上です。

アラフォーですが、平社員です。

出世したいという気持ちは持っていますが、なかなか上手く出世できません。

私の年収記事
医薬品卸歴10年アラフォーの年収について

少しでも給料UPして、家族との生活を豊にしたいです。

自分より年下のMSが出世していき、歯痒い気持ちはありますが、

思えば思うほど、惨めな感じになるので出世という欲を無くしていきました。

では本題に入ります。

あわよくば出世はしたいが必ずしもそうではない

あわよくば出世はしたいが必ずしもそうではない

という方が多いのではないでしょうか。

私の理想の働き方は、会社依存しない働き方です。

副業をガンガンやるということではありません。

会社の仕事をサボるというわけではありません。むしろクールにこなしていきます。

得意先の言いなりになりすぎると、気持ちに余裕が生まれないので注意です。

組織に役立つスキルも大切ですが、家族を守り、自分の価値も高めるスキルも大切です。

結論からいうと、

自分でお金を稼げるスキルを身に付けながら、それが企業で必要とされるスキルなっていく。

残念ながらこういったスキルはMSの仕事の中にはありません。

10年以上働いて「私はいったい、何のスキルがついたのだろう?」

と思うことばかりです。

何もしなければ、何年やっても、ただのMSです。

これから終身雇用崩壊の時代です。

20代~30代の方は特に考えた方がよさそうです。

MSが身に付けたい具体的なスキルを考えてみた

持っているだけの資格は意味がないと思うので、

使えるスキルを紹介してみます。

現時点で、私が考えるのは下記の3つです。

・簿記
・プログラミング
・WEB関連(ブログ、YouTube、動画編集)


それぞれ、ざっくりと解説していきます。

簿記は文句なしに役に立つ

知識として活かすのは簿記3級で十分。

ただし。資格としはイマイチで、履歴書に書くのであれば2級以上。

簿記を学んでおくと幅広く役立ちます。

・資産形成に役に立つ

・会計士・税理士・中小企業診断士などへのステップアップも可能

・経済ニュースや経済書籍の理解度UP

・副業、フリーランス、企業に役に立つ

無料でサンプル教材はもらえたりできる。
【たのまな】資料請求2つOK!

プログラミングスキルがあれば転職しやすいのは確か

プログラミングができれば、企業へ就職もできますし、フリーランスとしても生きていけます。

元医薬品卸のイチタさんは営業経験のあるエンジニアとしてフリーランスで活動されています。

歳はずいぶん下ですが、同じフロアで働いていました。

イチタさんのようにエンジニアになっても、MSの営業経験が行かされる職業は割と多いかもしれません。

・MSの営業経験が他のプログラマーと差別化できる

・企業でも働ける

・個人事業主としても働ける

・仕事内容を選べるほど需要もある

プログラミングの独学はおすすめできません。多くが躓くので、

教室に通うか、自宅で学べるオンラインがおすすめです。

無料体験も可能
TechAcademy [テックアカデミー]

WEB関連(ブログでモノやサービスが売れる)

ブログでモノやサービスを売るというのは、私も実践しています。

医療経営士の資格をどのように取ったのかをアウトプットするブログを書いている医薬品卸の方もいます。

医療経営士 3級 ブログ ←この中のゴリゴリブログの方です。

月〇万~ほどブログから収益があるかもです。

MSでは医療経営士の資格は全く活かされませんが、

資格の取り方などをブログでアウトプットしていく中で、教材を紹介して収入にすることはできます。

私が最近作っているサイトを紹介します。
まだ手直しなど出来てませんが、公開しながら編集してます。

【電動歯ブラシの記事が人気です】
【月額280円】ガレイドの電動歯ブラシのサブスクがおすすめ!業界最安値

たまたま私はブログで商品を紹介したりしてますが、何を選ぶのかは人それぞれです。

スキルの取得は時間を掛けて継続が大事

スキルを身に付けていくにあたり、勉強は長期スパンで考えた方がいいです。
数カ月とかではなく1年以上は継続していくようなものです。

MSの仕事は10年やっても、あまり際立ったスキルは付きません。

新薬の配置スキルはあるかもしれません。

我々医薬品卸の給料は年功序列の傾向がありますが、

今後はどうなるのか不明です。

医薬品卸業界の終身雇用もあり得ないと思っています。

ですが、私は医薬品卸を辞めようとは思っていません。

今の会社を利用しながら自分のスキルを身に付けていこうと考えています。

利用するからには、それなりに仕事をしていかなければと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました