30代の転職について

【未経験でも転職】30代で仕事が耐えられない、どうする?

30代の転職について
30代
30代

転勤、職種の変更を余儀なくされて辛い・・・!

30代になり、急な転勤や職種の変更などで仕事が、辛くて辛くて耐えられないことがあるかと思います。

ですが、

守るべき家族もいます。

何かを学ぶ?という年齢でもないと感じている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。帰宅してから、資格取得に向けて在宅で勉強している方もいます。

最近ではコロナショックで自宅待機→資格取得に向けて勉強という方も増えています。

とはいえ、今の仕事が・・・・・

耐えられなくなり、転職をしようと思っている方にもう一度だけ考えてもらいたいことがあります。

転職をしようと思う理由は何なのか?ということです。

今一度、転職をする理由が何なのかということを考えて欲しい

転職を決意する理由は様々ですが、ネット上で「会社はオワコン・・・」や「仕事が嫌なら転職したらいいじゃん」的なことがよく発信されています。

インフルエンサーと呼ばれるSNS上で、拡散力や影響力のある方々が転職を勧めていたりもします。

転職がダメだということではありませんが、インフルエンサーの話を鵜呑みにするのは厳禁です。

影響力のある方々のほとんどがポジショントークと呼ばれる自分たちが得意なポジションに持っていき、自分たちの利益に結びつけていることもあります。

転職を決意する理由はだいたい4つに分けられます。

一般的な転職理由は4つ

・人間関係(パワハラ)
・仕事へのやりがいがない
・給料が少ない
・ワークライフバランスが悪い

社内のパワハラ(人間関係)が原因で転職したい

社内でいじめにあっていたり、ひどいパワハラ上司が原因で退職を決意されたのであれば、何もあなたが辞める必要はありません。

パワハラ上司が辞めるべきなのです。

すぐにでも、人事部に報告するべきです。

パワハラ上司にされたことは必ず記録に取り、されたこと、日付をメモし、音声での録音もかなり有効です。

ここでやってはいけないことは、パワハラ上司の上司へ報告するのはNGです。

もみ消される可能性があります。

相対的に判断できる人事部へパワハラ上司にされたことを相談することが重要です。

パワハラされた記録と音声データを披露しましょう。

結果、そのパワハラ上司が左遷されることもあります。

人事部へ相談して何も解決しないようであれば、かなりのブラック企業です。

転職も検討です。

仕事のやりがいを感じられないから転職したい

転職したのはいいが、本当にそこでやりたいことができるのかを考えなくてはなりません。

例え、やりたいことがある会社に入れたとしても、そこでやりたいことができるのかは分かりません。

また、自分が思っている仕事と違う可能性もあります。転職を考えているのなら確実にやりたい仕事ができるのかを確認する必要があります。

そのためにも情報収集は必須です。

転職する業界のことや、その会社に入ったらやりたい仕事ができるのか、もしかすると転職をしない方がよいパターンもあります。

転職活動での悩みや不安や疑問などの解決策やアドバイスをもらう為にも転職エージェントには会った方がいいです。

転職エージェントとの相性や担当者の得意、不得意があるので、複数社に登録がおすすめです。

業界意識や多くの未公開求人を持っている大手の転職エージェントを選びましょう。

 

マイナビエージェント

30代後半の平均年収は450~530万くらいになります。マイナビエージェントを利用した50~70%も方が年収UPをしています。マイナビエージェントには一般には出回らない非公開求人が多数あります。またマイナビエージェントの独占求人もあるので、登録しておくべく転職エージェントです。

 

 

doda

dodaの転職系サービスの登録者数は2019年現在では累計463万人です。まぎれもなく国内最大級の転職支援企業です。転職希望者の方は登録しておいて損はありません。転職者の満足度も高いのが特徴です。

給料が少ないから転職したい

給料UPの為に転職を考えているのなら、 今とは全く別の業界に行く覚悟があるのかを考えてみてください。

同じような業界に行くのであれば大きく上がることは稀です。

ここで、気を付けなけらばならないのが、給料は上がったけど家賃補助がない、通勤手当がない、各手当がない・・・・などでは転職する意味がありません。

ワークライフバランスが悪いので転職したい

残業がひどすぎる会社は転職を検討した方がいいです。

残業の度合いにもよりますが、精神的に病み鬱病にでもなってしまうと社会復帰するのが難しくなります。

精神が病むような危険性がある会社は今すぐにでも退職をおすすめします。

残業することで将来役に立つスキルが身に着く場合や今後の人生で何倍にもなって返ってくるものがあるのであれば健康が許す限り耐えていった方が良い場合もあります。

ワークライフバランスを考えた時に、

楽な仕事を見つける=給料が高いというパターンもあります。
関連記事↓

30代の転職で「給料UP&楽になる」仕事の見つけ方を暴露!!
30代の転職で楽になる方法は?給料の良い会社に転職すべきです。給料水準高い会社は生産性もあり、若いうちからそこそこ給料が高い傾向にあります。おすすめの転職エージェントも紹介します。

まとめ

30代で仕事が辛くて辞めたくなる時期は多くの人が経験します。

転職することにより大きな得るものがあるかもしれませんが、失うこともあります。転職を検討する時は、転職エージェントを有効活用していきましょう。

転職をした方が良い場合や転職をしない方が良い場合も存在します。転職エージェントに相談することで、転職活動での悩みや不安、業界情報などを効率的に知ることができます。

 

 

マイナビエージェント

30代後半の平均年収は450~530万くらいになります。マイナビエージェントを利用した50~70%も方が年収UPをしています。マイナビエージェントには一般には出回らない非公開求人が多数あります。またマイナビエージェントの独占求人もあるので、登録しておくべく転職エージェントです。

 

doda

dodaの転職系サービスの登録者数は2019年現在では累計463万人です。まぎれもなく国内最大級の転職支援企業です。転職希望者の方は登録しておいて損はありません。転職者の満足度も高いのが特徴です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました