30代の転職について

「これで採用!転職で面接を突破のためのアドバイス」

30代の転職について
30代
30代

転職する時の面接はバカ正直になる必要はないってことです。要は伝え方と伝わり方がポイントなんですな~

初めての就職の時、面接練習って、結構しっかりやっていた方も多いのではないでしょうか。

しかし転職となると、退職回数や退職理由など、どう答えたら良いのか悩む質問もありますね。

今回は面接突破のためのアドバイスを、お伝えしていきます。

「面接をはじめる前に」

採用担当者は、ほぼアナタの提出した履歴書と職務経歴書を確認しながら面接をします。履歴書と職務経歴書はコピーをし、よく見返すようにしておきましょう。

そして、ゴールは、採用担当者に、「ウチの会社で雇ってみてもいいな」と思ってもらえるようなイメージを持ってもらえるようにすることです。

「転職回数」について

転職回数に関しては、当然少ないほうが印象が良いです。採用担当者は当然、できるだけ長く務めてくれる人材を探していることがほとんどです。

正社員で入社した場合は、短い期間であっても正社員として働くことが出来ていたことを証明するために、面接では事実としての転職回数を話すようにしましょう。

「転職理由」は伝え方がポイント!

転職理由に関しても、正直に事実を話すようにしましょう。ただし、言葉の使い方や選び方で、採用担当者のイメージダウンしない伝え方をしなければなりません。

転職理由は一番デリケートな部分でもあるので、正直なところ採用担当者が一番気にしているところであり、面接でしか聞けない部分でもあります。

ここは必ず聞かれると思い、回答の準備をしておくことをおすすめします。

主な転職理由とその上手な伝え方

それ以上深掘りされない、採用担当者がほぼ納得する、転職理由は下記のとおりです。

・結婚

・妊娠

・出産

・転居

・介護

これらはそもそも、退職のきっかけとなりやすい、人生におけるライフイベントです。

ですが、上記の理由以外で退職された方は、答え方に要注意です。

例えば・・・

・上司のパワハラ

・会社の考え方に疑問

・人間関係

・仕事がつまらない

これらの理由はあまりオープンに話すことは出来ません。

話し方を考えておく必要があります。

「これだけは絶対タブー!言ってはいけないこと」

相手のせいで退職した、というような内容で話さないようにしてください。

・上司のパワハラ

・会社の考え方に疑問


これらは、上司や会社のせいにしています。実際にそうだとしても「可哀そうだから採用しよう」とはなりません。

これでは、採用担当者も、「きっとウチの会社に入っても同じことを言ってやめていくに違いない」とイメージしてしまいます。

すべて自分を主語として考え、

「私の考えが勉強不足で至らない点が多々あった為と考えています。考え方の理解が及ばず、退職することにしました」など。

「私の〇〇が〇〇だったために、退職することにしました」

と話すようにしましょう。

まとめ

ゴールである、採用担当者に、「ウチの会社で雇ってみたい」と思ってもらうには、従順で、新たな組織に染まりやすい人材であるイメージも大切です。

ぜひ、謙虚な姿勢で、「新たな職場で心機一転、いちから学ばせていただきたいと思います。よろしくお願いします」という意気込みを、面接で伝えてみてくださいね。

転職の時は、転職エージェントへ登録し面接まで行く確率を上げていくことをおすすめします。

転職エージェントを活用する最大のメリット

企業に直接応募では、年齢や大学が理由で機械的にフィルターに掛けて採用を見送っていることも多いです。

面接にすらたどり着くことができないことがありますが、転職エージェントからのお墨付きの人材となれば、面接に行くまでの道のりがスムーズになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました