介護職

介護職のアルバイトで働くことの落とし穴!その転職は正解?

介護職

現代日本では介護職員が不足しており、今後も不足すると予想されています。

そのため、ハローワークをはじめ、民間の職業紹介会社や転職サイトなどでも介護職の求人は多く出されており、

それを見て求人数が多い介護職は安定していると考え、転職しようと思われる方もいるかもしれません。

また、介護職に興味はあってもまずは体験したいと考え、今の仕事を辞めて介護職のアルバイトとして働こうと考える方もいらっしゃると思います。

しかし、その転職は本当に正解と言えるのでしょうか?

今回は介護職のアルバイトで働くことの落とし穴について、解説していきたいと思います。

この記事は、介護職員として15年以上働いているWINDYさん(女性)に執筆していただいています。

先輩から十分な指導がなく仕事をさせられる可能性がある

まずはじめに挙げる落とし穴は、先輩から十分な指導がなく仕事をさせられる可能性があるという事です。

前文でも書いた通り、現代日本では介護職が不足している状態であり、人手不足が慢性化している施設も少なくありません。

人手不足が慢性化している施設で働いている既存の職員には大きな負担がかかっており、その負担を早く軽減させたいと考える施設は多いです。

その結果、新しく入職した職員に対して十分な指導をせず、介護現場に送り出してしまう事が考えられます。

十分な指導を受けられなかった場合、仕事の仕方が分からず不安なまま仕事を行わなければならなかったり、重大な事故を引き起こしてしまう可能性もあります。

万が一自分の支援が原因で相手に怪我などをさせれば、責任を追及されたり、それが無くても自分の心に大きなダメージを受けてしまい、介護職が続けられなくなる方もいらっしゃいます。

先輩から十分な指導がなく仕事をさせられる事は、介護職のアルバイトで働く事に対する落とし穴であると言えるでしょう。

安心の大手介護求人サイト

”介護職選び”で迷った時に使うおすすめサイト5選を紹介

負担が重い仕事ばかりを担当させられる可能性がある

次に挙げられる落とし穴は、負担が重い仕事ばかりを担当させられる可能性があるという事です。

介護事業所で介護職を募集する際、どの時間帯も勤務できる人を採用できる事がベストですが、なかなか応募者が無い事も多いです。

そのため介護事業所では、不足しがちな時間帯だけでも担当してくれるスタッフを集めようと、その時間帯のみを担当するアルバイト職員を募集する事も少なくありません。

しかし、介護職が不足しがちな時間帯は夜間帯や早朝などであり、その時間は一人で勤務する事が多いため、一人で多数の利用者の方の支援に当たらなければなりません。

また、日勤帯の時間帯でのアルバイトであったとしても、入浴支援などの身体的負担が比較的重いとされる支援のみを専門で行わなければならないなどの制約を設けている施設も存在するため、就業前に確認をすると良いでしょう。

介護職のアルバイトが、短時間または少ない日数の勤務のため正職員より負担が軽くなると考え勤務する方もいらっしゃるかと思いますが、

時間帯の決まっているアルバイトであるがゆえに負担が重い仕事ばかりを担当させられる可能性もあるため、それはアルバイトとして働く事の落とし穴であると言えるでしょう。

管理職などの上位職に就く事ができない可能性がある

管理職などの上位職に就く事ができない可能性があるという事も、忘れてしまいがちな落とし穴の一つです。

令和元年度介護労働実態調査によると、平成30年10月1日からの1年間で離職した介護職の66.1%は就職してから3年未満で離職しているという結果が出ています。

この調査結果からも介護職の離職率が高い事が読み取れ、介護職の職場定着が困難である事が分かります。

この結果から介護職は経験年数が長い人が少ないため、他の職業より昇進がしやすく、管理職や上位職(リーダー等)などの役職に就きやすい職種であるとも言えます。

しかし、アルバイトやパートなどの非常勤職員として勤務している人に対しては、経験年数が長くても管理職や上位職など、責任がある役職には就けないと定めている事業所も少なくありません。

管理職や上位職に就く事で「管理職手当」などの支給を別途支給する会社もありますが、管理職等に就く事が出来なければ、それも当然もらう事が出来ません。

よく読まれている記事です

また、後から入職した正規職員が昇進すれば立場が逆転してしまうため、いくら自分の経験が長くても自分の方が下の立場になるという事も十分考えられます。

経験を重ねて管理職などの上位職に就きたいと感じている人は、アルバイトという立場ではそれが困難である可能性が高いという事を抑えておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

様々な生活事情からアルバイトという雇用形態で介護職に就く事を選ぶ方もいらっしゃる事と思います。

しかし、アルバイトという立場は、正規職員と比較してデメリットも多く存在し、不安定である事もまた事実です。

介護職は離職率が高い仕事であるため、正規職員になりたいと希望すればシフト勤務に入れると伝える事でその希望が通る可能性が高いので、検討してみる事をお勧めします。

皆様がそれぞれの生活環境に合わせて働く事が出来るよう、お祈りしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました