30代の転職について

【役に立つ】転職時のハローワーク活用法を紹介

30代の転職について
30代
30代

ハローワークって実際どうなんでしょうか??

あなたは、ハローワークを「求人を探す所」くらいにしか、思っていないのではありませんか?

初めての転職の方は、ハローワークの使い方について、疑問に思っている方もいるかもしれません。

でも、ハローワークは、求人を探すだけで利用するのはもったいないです!

今回は、結構使える!ハローワークの使い方について、お話します。

ハローワークへ転職相談をしてみよう

ハローワークには、「就職相談」と言って、窓口担当者は、あなたの就職に関してどんな相談にも乗ってくれます。

転職先の求人を探す前に、新たな仕事先のイメージを固める意味でも、希望を整理するためにも、まずは自分の考えている新たな仕事について、相談してみましょう。

この際、担当者であれば、前職を退職したありのままの理由、例えば「職場でパワハラにあって・・・」など、話してしまっても問題ありません。

親身になってあなたの話を聞いてくれ、そこから、新たな仕事についても一緒に考えてくれます。

あなたの希望に沿った求人も、一緒に検索してもらえます。

求人に載っていない情報収集をしよう

もしも求人検索で、気になる求人を発見したり、紹介された求人の中から、応募したい求人が見つかったりしても、すぐにアポ取りの電話をするのは、やめてください!

まずは窓口で、その企業がどのような会社なのか、求人票には載っていない情報を教えてもらいましょう。

割りとストレートに、「この企業は、ずっと求人が出ています」とか、「ほぼ家族経営の会社です」とか、「社長さんが、とても温厚な会社です」と教えてもらえることがあります。

見学や面接のアポ取りをしてもらおう

見学や面接のアポ取りの電話は、かけるときにはとても勇気のいるものですよね。

実はその電話も、ハローワーク担当者がかけてくれます。企業と就職したい個人をつなぐのがハローワークの仕事です。

その手助けなら、しっかりサポートしてくれます。実際にアポ取りの電話も、窓口でその場で電話してくれるので、自分の目の前で電話もやりとりがなされ、安心して聞くことが出来ます。

やってもらえることは転職エージェント並みのことです。

ハローワークって転職活動において役に立つんです。

見学や面接後のフォローをしてもらおう

面接はしたけれど、実際の仕事の内容を見せてもらえなかったので、仕事内容を見せてもらいたい、と伝えたいときや、採用となったけれど、内定を辞退したい、など、企業に伝えづらい要望がある場合は、ハローワーク窓口で相談することが出来ます。

転職エージェントほどではありませんが、その要望をその場で直接電話して確認してくれることもあり、求職しているあなたの強い味方です。

働き始めてからも相談できます

意外と知られていないのが、「働き始めてからのフォロー」です。例えば、求人に書いてある内容と違う待遇で契約することになってしまった場合、ハローワークに匿名で、相談・報告することが出来ます。

ハローワークから企業に対し、求人内容の指導や改善を促すことも、ハローワークの大切な業務の1つです。

まとめ

転職活動は、ひとりでは不安なもの。だからこそ、身近なハローワーク担当者を味方につけて、ぜひ転職を有利に進めましょう!

より手厚いサポートと優良求人にこだわりたい方は転職エージェント一択です。
転職エージェントを活用する最大のメリット

企業に直接応募では、年齢や大学が理由で機械的にフィルターに掛けて採用を見送っていることも多く、面接にすらたどり着くことができないことがありますが、転職エージェントからのお墨付きの人材となれば、面接に行くまでの道のりがスムーズになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました