30代の転職について

30代で転職する時は「職務経歴書」が必要ないって本当?

30代の転職について
30代
30代

履歴書だけじゃいけないの??職務経歴書は必要なの?

記事タイトル「30代で転職の時、職務経歴書は必要ないって本当?」その疑問について解説していきます。

結論、から言いますと「必要です!」

企業から求められなくとも面接時に渡せることもあるので準備はしておきましょう。

学生の就職とは違い、転職時には職務経歴書というものを書くことが出来ます。

書いたことがないと、面倒に思ったり、書きたくないな~と思うかもしれませんが、書く理由が分かると、書きたくなりますよ。

それでは職務経歴書について解説していきます。

30代の転職で必要な職務経歴書とは?

職務経歴書とは、今まで経験した業務内容を具体的に記述し、どんなことを行うことが可能 な人材なのかを記載する書類です。

転職者に対し、企業は即戦力となる人材を求めているため、自分のスキルを相手にわかりやすく端的に伝えることが出来ます。

30代の職務経歴書の記載内容

・以前の勤務先情報
・就業中の昇格や異動等の変化
・職務内容
・実績

などを記載しておきましょう。

30代の転職に必須!職務経歴書を書くべき理由

理由その1:自分の過去の職歴をアピールできて、相手に印象づけしやすくなる

もしも履歴書しか企業へ提出しない場合、履歴書のみの情報しかありません。そうすると、少ない情報でしかアナタを判断することができなくなります。たくさんの応募があった場合 は、他の相手よりも書面によって自分をアピールすることが重要になります。自分の情報は多いほうが有利です。

理由その2:採用に向けての本気度が伝わりやすい

履歴書のみ提出してきた人と、履歴書プラス職務経歴書を提出してきた人、どちらが採用に 向けて時間をかけてきたと考えますか?普通は、たくさん提出してきた人ですよね。たくさん時間をかけて、提出書類を作成してきた、と考えれば、企業は「ちゃんと面接につなげるために準備してきたんだな」と考えます。採用して欲しい気持ち、採用されたい本気度が伝わりやすいです。

理由その3:過去の実績が、これからの証明になるため

職務経歴書自体が、今までの業務でアナタがどのように働いてきたのかなどの熱心さを記載する書面です。職務経歴書に記載してある内容を見れば、「今までの仕事では、このように頑張ってきました。だから、あなたの会社でも同じように頑張ることが出来る人材です」と言える証拠になります。

転職時に職務経歴書の提出を求められないこともある

転職時に職務経歴書を求められないこともあるので、必ず必要だというわけではありません。

職務経歴書を求められなくても、こちらから提出することはできます。

企業側にも採用人数は限りがあるので、こちらの気持ちを伝える意味では書いた方が良いでしょう。

ちゃんと準備している人は、情報量が多くなり、採用担当者に印象づけやすくなり、逆に提出しなかったとしたら、「本当に採用されたいのか?」と思われ、マイナスイメージを持たれる可能性もあります。

もしも、職務経歴書を書かない場合には、せめて履歴書を見開きで大きめの用紙を使用するようにし、履歴書のみでも十分自分のアピールが行えるよう、準備しましょう。

↓履歴書の書き方についての記事は↓

30代後半の履歴書の書き方は4つのポイントが最重要!

まとめ

職務経歴書を書くべき理由、ご理解いただけたでしょうか?

企業や採用担当者からすると、転職者の情報を知りたいと思っています。

職務経歴書は職歴がある方しか記載ができないので、職歴がある方は積極的に記入していくことをおすすめします。

転職希望先への面接に辿り着く為には転職エージェントから推薦があると書類選考で落ちにくくなりますので、活用していきましょう。

転職エージェントに登録、面談することで自分の新たなキャリアを発見できることもあります

コメント

タイトルとURLをコピーしました