30代の転職について

【裏話】30代転職エージェントの本当の選び方(使い方)のおすすめ

30代の転職について

近年、転職エージェントの紹介サイトが急増しています。

理由としては、転職エージェントを紹介すると紹介料を頂ける仕組みがあるから皆、転職エージェントを紹介しています。このブログもその一つです。

それを知ってもらった上で読んでいただけたらと思います。

30代の転職「転職エージェントの裏話」

ここからは裏話になりますが、本当の転職エージェントの使い方をお伝えします。

絶対に、転職エージェントの話を鵜呑みにしないことです。彼らも営業目標的なものがあります。

企業へ求職者を転職させると、企業から多額のマージンが貰える仕組みになっています。

ただ、ここで知っておいていただきたいのが、転職エージェントを活用する企業は良い人材を求めており、一般の転職サイトやハローワークには出回ることにない優良な企業かもしれません。

ブラック企業や底辺企業は無料で登録できるハローワークや転職サイトくらいしか使いません。

転職エージェントに利用されない方法

転職エージェントを悪くは言いません。私も転職エージェントにお世話になりました。

転職エージェントの個性や独自の判断で、無理やり企業を紹介されることもあります。

紹介されるこちらとしては、その企業は良いも悪いも判断できない状態になることがあります。そこで、重要なポイントがあります。

転職で優先すべきものを明確にする

・仕事へのやりがい
・通勤時間
・給料
・休日
・家族との時間
・自分の能力に見合った給料
・人間関係

上記のことだけではありませんが、これは譲れないというものをしっかり持っておきましょう。

必ず、転職エージェントを複数社に分散登録し面談する

転職エージェントへの登録は無料です。最低でも2社以上は必須です。

転職エージェント会社である、リクナビエージェント、マイナビエージェント、doda、パソナキャリア、ワークポート・・・・など沢山の企業が存在します。

様々な転職エージェントが存在し、一人一人性格も違い、考えも違います。

当然、求職者との相性が合わなかったり、強引な人、あまり企業のことを勉強していないのに「良いですよ」と紹介する人など様々です。

なので、

必ず、2社以上は転職エージェントへ登録し面談していき、転職エージェントをこちらが選ぶということを忘れてはいけません。ここでの求職者はお客さんです。転職エージェントを選ぶ権利があります。

決して上から目線でいくということではありません。転職する企業を比較するように、転職エージェントも比較していきましょう。

→複数社登録する時の転職エージェント一覧

転職エージェントの力量がないと起きる悲劇

私の友人の話を紹介します。(34歳男性)

【医薬品卸】→【医薬品メーカー】→【転職活動中】

転職エージェントへ登録し面談を行いました。登録した理由は、上司がブラックで、それを会社全体で包み隠そうとする製薬会社です。
社内監査が入るという理由で、部下(友人)を罵倒するメールを削除させた上司です。このバカな上司は、部下の受信メールは削除させたが、自分の送信メールを削除していなかったというバカです。
社内監査に見つかり注意を受け、厳しい処分があるかと思いきや社内で揉み消されてしまいました。

製薬メーカー友人の話

友人が上記の内容を隅々まで転職エージェントに話をしていませんが、「〇〇さんの場合は定年まで今の会社に居た方が良いですよ」と軽く言われたそうです。

そのことがショックで私に相談をしてくれました。

もちろん、転職エージェントが悪いというわけではありません。友人も社内がブラックで上司も会社もクソ企業だとはエージェントにはなかなか言えないのかもしれません。

では、現在34歳の友人がここで転職活動を止めてブラックな今の会社に留まるのか・・

心が病んで病んで取返しが付かないことになっては復帰にも時間が掛かります。

なので、転職エージェントは複数社に登録が必須です。

【裏話】転職エージェントのおすすめなんてない!

転職エージェントはここがおすすめです。などと言われておりますが、

実際は登録して、そこのエージェントとの相性やエージェントの実力がないと大手エージェント会社でもダメです。友人は某大手転職エージェントを活用し、そこは二度と利用しません。

転職エージェントを比較し自分に合う担当者を見つけていく!

この転職エージェントなら間違いないということはありません。

100発100中なんか無いと思った方が良いです。人生の大切な転職活動です。1社に身を任すなんてあり得ません。

必ず複数社の転職エージェントへ登録し面談を行い「転職エージェントの比較」を行ってみてください。

「この企業に私を紹介したらマージンってどのくらいなんですか?」などと、エージェントの心理を付くようなことを言ってみると、適当な扱いはできないと思うかもしれません。

絶対、この転職エージェントがおすすめというものはありません。複数社へ登録し納得のいくエージェントへ出会っていただけたらと思います。

最低でも2社以上に登録

絶対にこの転職エージェントがおすすめというものはありませんが、30代~30代後半までならば転職成功の実績が多い下記のエージェントもおすすめです。

転職エージェントに登録すると転職しないといけないわけではありません。

自分の市場価値や今の環境以外の世界を見てみたいという方は相性の合うエージェントと面談することをおすすめします。これに関してのデメリットは1つもなく、メリットしかありません。

ワークポート

ワークポートの利用者は20代~40代前半です。職種も様々で営業系、バックオフィス系(人事・総務・経理・システム系)、販売系、IT系などがあります。リクルートエージェントやマイナビエージェントに比べて知名度は劣りますが、専門のコンシェルジュが求人のご紹介から面接対策、書類作成のアドバイスを行ってくれます。30代後半の方でマネジメント経験がない方にもおすすできる転職エージェントとなります。

リクルートエージェント

全国どのエリアでも転職先が確保できます。業界・業種問わず幅広く案件があります。非公開求人はおよそ20万件。市場の動向や過去の事例などを考慮し、求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1だからできる分析で転職活動をサポートしてくれます。

マイナビエージェント

30代後半の平均年収は450~530万くらいになります。マイナビエージェントを利用した50~70%も方が年収UPをしています。マイナビエージェントには一般には出回らない非公開求人が多数あります。またマイナビエージェントの独占求人もあるので、登録しておくべく転職エージェントです。

doda

dodaの転職系サービスの登録者数は2019年現在では累計463万人です。まぎれもなく国内最大級の転職支援企業です。転職希望者の方は登録しておいて損はありません。転職者の満足度も高いのが特徴です。

当サイトの人気記事!
スポンサーリンク
人と企業とをつなぐサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました