介護職

「介護職は悪くないよ!私が介護職を選んだ理由5選」

介護職

この記事は、介護職歴15年以上のWINDYさん(女性)の記事です。

日本人が介護職に対して持つイメージは、「体力的にきつい」「薄給である」等、ネガティブな物が多く聞かれています。

しかし世間の人が思う程、介護職は悪いものではないと現役介護職員の私は思います。

今回は介護職員として15年以上働いている私が、介護職を職業として選んだ理由について説明していきたいと思います

介護職におすすめ転職サイト

”介護職選び”で迷った時に使うおすすめサイト5選を紹介

介護職が悪くない理由について

介護職業界に15年以上のベテランが「介護職が悪くない理由について」紹介していきます。

ご参考になれば幸いでございます。

無資格でも働く事が出来たため

まずはじめに挙げる理由は、無資格でも働く事が出来た事です。

日本にはいろいろな職業があり、その職業に就業する条件も様々です。

職業によっては特定の資格を所持している必要があったり、一定以上の学歴が無ければ就業する事が出来ない事もあります。

しかし、介護職として就業する条件に学歴は問われず、無資格でも働く事が出来たため、エントリー条件ではじかれる事が無く、安心して就職試験に臨む事が出来ました。

無資格でも働く事が出来たという事が介護職を選んだ第一の理由です。

求人数が多く働き先に困らないため

次に挙げる理由は、求人数が多く働き先に困らないためです。

介護職は、様々な福祉の現場で必要とされていますが、ネガティブなイメージが先行しているためか、慢性的に人手不足となっています。

そのため様々な事業所から求人が多く出ており、働き先に困る事がありません。

また、介護職のお仕事は相手の方の生活をそのまま支えているため、支援を必要としている方やその家族の方に求められている仕事です。

景気などに左右されにくく、一定した求人数が常にあり、働き先に困る事はほとんどありません。

日本全国どこにでも求人があり、働く事が出来る事は大きなメリットであり、介護職を選んだ理由の一つです。

ライフスタイルに合わせた働き方ができるため

ライフスタイルに合わせた働き方が出来る事も介護職を選んだ理由としては大きいです。

筆者は女性ですが、特に女性は結婚や出産により、働き方を一時的に変えなければいけない事も少なくありません。

昔と比べて産前産後休暇や育児休暇などの整備は進みましたが、休暇後に思うように仕事が出来ず、職場に居づらくなったため退職を選ぶ女性もまだまだ多く存在します。

しかし、介護職を必要とする事業所は、年中無休で営業している事も少なくないため、時間が短くなっても働いて欲しいという事業所も少なくありません。

子どもが小さいうちは時短勤務やパートなどの形態で短く働き、子どもの手が離れてお金が必要になる時期には夜勤なども行える正規職員として働くなど、ライフスタイルに合わせた働き方ができます。

また、介護の仕事に従事している人は女性が多く、育児の経験がある方も多くいらっしゃいます。


育児経験がある方であれば、仕事と育児の両立についての大変さも理解を得やすく、働きやすいという事も介護職を選んだ理由の一つになります。

たくさんの人と一緒に協力して仕事が出来るため

たくさんの人と一緒に協力して仕事が出来るという事も、介護職の魅力の一つです。

介護とは生活に他者の支援が必要な方に対して、お手伝いをする事が仕事となります。

人の生活は24時間365日、途切れる事が無く続いているため一人の人間だけでは支援させて頂く事が出来ず、大勢の人間が関わって支援にあたる事が必要となります。

そのため、仕事を一人で抱え込む必要がなく、同じ立場で支援させて頂くたくさんの専門職と一緒に行う事ができます。

また、介護職が支援させて頂くのは、感情がある人間であるため、性別や年齢、相性が合わないなどの理由から支援が困難な場合には他の職員にその対応を代わってもらう事もできます。

一人での仕事ではなく、たくさんの人と一緒に協力して仕事が出来るという事が心強く感じられ、介護職として働いてみたいと思う理由になりました。

自分の仕事に対して直接感謝の言葉を頂けるため

介護職として働きたいと最も強く感じた理由は、自分の仕事に対して直接感謝の言葉を頂けるという事です。

前項でも述べましたが、介護職の仕事は対象者の方を24時間365日体制で支援させて頂く事になります。

ですので、お客様であるご利用者の方やそのご家族の方から対価としてお金を頂く事になるため、介護をさせて頂く事は当たり前の事です。

しかしそれに対して、ご利用者の方やそのご家族の方から笑顔で「ありがとう」とお礼の言葉を頂く事は少なくありません。

一般企業などに就職した場合には、そういった機会を得る事は少なく、自分の仕事に対する意味を見出す事が出来なかったと思います。

自分自身が行った事に対して感謝の言葉を頂けたり笑顔を見せて頂ける事が自分の仕事に意味を見出す事や、仕事のやりがいに繋がると考えたため、介護職として働きたいという思いに繋がりました。

介護職におすすめ転職サイト

”介護職選び”で迷った時に使うおすすめサイト5選を紹介

まとめ

いかがでしたでしょうか? 

現代日本では介護職が不足しており、将来的にも不足すると予想されています。

ネガティブなイメージが強い介護職ですが、やりがいは多く、将来的にも需要が高い仕事です。

もし将来の職業で悩んでいる方がいたら、介護職を目指す事をお勧めします。

この記事を読んで少しでも介護職に興味を持って頂けたら幸いです。

介護職におすすめ転職サイト

”介護職選び”で迷った時に使うおすすめサイト5選を紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました