介護職

そんな介護職はやめとけ!ブラックな施設の特徴

介護職

この記事は、介護職歴15年以上のWINDYさん(女性)の記事です。

日本では2000年から介護保険制度が創設され、それと同時に民間会社も介護保険事業に参入できるようになりました。

そのため介護事業所が大幅に増え、介護職が大量に必要とされる時代になりました。

介護保険制度創設後20年以上経過しましたが、介護施設は現在も数多くあり、その特徴は施設によって様々です。

施設の中には「ずっと働きたい」と思うような「ホワイト施設」もあれば、その逆の「ブラック施設」も存在します。今回はそれらの施設の特徴を紹介していきたいと思います。

”介護職選び”で迷った時に使うおすすめサイト5選を紹介

ブラックな施設の特徴

まずはブラック施設の特徴について紹介していきます。

求人が常に出ている

まずはじめに挙げる特徴は、求人が常に出ているという事です。常に求人を出しているという事は、その施設が慢性的に人手不足であることを示しています。

人手不足の状態であれば、その不足分を埋めるため、すでに勤務している職員に過重な負担がかかってくることが容易に想像できます。

特に求人票に「急募」と書かれていたり、求人理由が常に「欠員募集」となっている施設は、求人を出しても人が来なかったり、離職が多いため早急に人材が必要な状態が続いているという事を示しています。

人材が定着しないという事は、働く人間を施設が大切にしていない可能性が高いため、ブラック施設である可能性が高いと言えます。

求人が常に出ている施設に就職や転職をするのは避けたほうが良いと考えられます。

労働条件の詳細説明がない、または事前に聞いていた条件と異なる

次に挙げるブラック施設の特徴は、労働条件の詳細説明がなかったり、事前に聞いていた条件と異なるという事です。

会社が求人票を出す際には、休日や給与などを出した上で募集をしますが、給与体系が幅広い場合などは「当社規定に準ずる」などの文言で省略している事もあります。

理由があってそのような記載にする事自体は問題ありませんが、採用担当にその詳細を尋ねた時に詳細を教えてもらえない施設はブラック施設である可能性が高いです。

法律では採用が決定した際に労働条件の詳細を記載した「雇用契約書」の発行が義務付けられています。

勤務を開始する前に雇用に関する説明がなく、雇用契約書の発行すらされないという会社であれば、それはブラック企業と言って良いでしょう。

これまで、ブラック施設の特徴について述べてきましたが、介護業界全体がブラックという訳ではありません。

ホワイト施設の特徴

ここからはホワイト施設の特徴について述べていきたいと思います。

職員同士の人間関係が良い

ホワイト施設の特徴としてまず挙げられるのは、職員同士の人間関係が良いという事です。

介護職の仕事は複数の方の生活支援をさせて頂く事であるため、一人ですべてを行う事はできず、他者と協力して行う必要があります。

職員同士の人間関係が悪ければ、仕事がスムーズに進まず、利用者の方にも迷惑がかかってしまいます。

仕事がスムーズに進まなければ、その分残業時間が増え、自分のプライベートな時間が減ってしまい、ストレスに繋がってしまいます。

職員同士の人間関係が良ければ協力して仕事を行う事ができたり、困った事を相談しやすくなるため、ストレスが少なく仕事をする事ができます。

介護の仕事は人を支援させて頂くサービス業のため、ストレスを感じやすい仕事です。

職員同士の人間関係が良く、風通しが良い職場はそのストレスを軽減させることにも繋がっていくため、職員同士の人間関係に気を配るよう、トップが中心となって働きかけている施設はホワイト施設であると言えます。

以上の事から、人間関係が良い施設はホワイト施設の特徴であると言えるでしょう。

”介護職選び”で迷った時に使うおすすめサイト5選を紹介

適切な基準の人事考課制度がある

次に挙げる特徴は、適切な基準の人事考課制度があるという事です。

給与の決め方は事業所によって様々ですが、多くの事業所は年に1回程度昇給の機会があります。

昇給の金額を一定としている事業所もありますが、一定の基準を満たした人のみ昇給をさせていたり、昇給はするもののその金額に差をつけるという事業所もあります。

仕事内容を比較して昇給額に差をつける事自体は問題ではありませんが、その基準内容が客観的に見て判断しにくいものであると、従業員は不満を感じます。

曖昧な基準で評価された上、昇給金額に差がついてしまえば従業員のやる気は下がり、また、何を努力して良いかもわからないため努力をする気が失せる事にも繋がります。

「業務に関する資格を〇個以上持っている事」「欠勤が1日も無い事」などわかりやすい判断基準を設けた人事考課制度を用い、能力のある人がそれに見合った給与をもらう事に繋げている施設はホワイトな施設であると言えるでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

介護職はネガティブなイメージが先行してしまいがちな職業ですが、やりがいがある仕事です。ホワイト施設を探す事は難しいかもしれませんが、良い環境で働く事でやりがいを持って仕事をする事も可能になります。

介護職の皆様が自分にとって働きやすい施設を見つけるために、この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

”介護職選び”で迷った時に使うおすすめサイト5選を紹介

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました