30代の転職について

30代の転職で「給料UP&楽になる」仕事の見つけ方を暴露!!

30代の転職について
30代
30代

転職で給料UPで楽になるなんてあり得るの?

仕事が楽で給料が高い方がそりゃいいですよね!?

では、給料が高くて、楽な仕事ってどのように見つけるのかを解説していきます。

結論からいいますと、

給料の高い会社を選べ・・・ということです。

30代
30代

そりゃそうだが、転職って勇気いるな。

給料の高い会社を選ぶことが重要

副業で稼ぐ、起業するという選択肢はないとするのならば、給料の高い会社を選ぶことで仕事が楽になります。(一部のブラックを除く)

大変、残酷なことを言いますが、

給料が高い仕事=仕事が忙しいではありません。

給料が低い仕事=仕事が忙しいというのが当てはまります。

給料が低い会社の特徴としては、将来的に機械化もしくは外注化ができる仕事です。

低年収ほど、時間、休日、労働の問題を抱えていることが多いです。

給料が高い会社を選ばないと損をする理由

日本の企業というのは「やる気」「体力」「能力」が合っても・・・

20代30代は給料が上がらない仕組みになっているのです。

30代の仕事ができる社員より50代の何もできない社員の方が圧倒的の給料が高いのです。

年代別の平均年収を見て下さい↓

転職サイト:doda

年代が上がるほど高収入で、女性より男性の方が高収入ということがわかります。

50代以上が一番年収が高くなっています。

給料、年収が高い会社を職種別に紹介↓

マイナビエージェント

そもそも業界自体の給料水準が高い会社を選ばないと給料、年収というのは上がることはありません。

いくら能力があっても業界の給料水準が低いと残念ですが、給料は上がりません。

能力が高い=給料が高いではない!

日本の会社って、うちは能力主義・・などと言いますが、

嘘がほとんどです。年功序列です。

1人だけ能力があるから年収1千万ということはありません。

少し前のニュースでソニーが「新卒に年収730万」で話題になりましたが、

結果、中高年社員の反対!?社風が乱れる・・・!?などがあったかわかりませんが、結局この話はなくなりました。

日本企業においては、どれだけ頑張っても、能力が高くても若いからという理由で、給料は上がりません。

能力=給料が高いではなくて、

給料水準が高い会社で、年齢が高い人が給料が高くなるのです。

20代30代が給料(年収)を上げるには・・・

  • めちゃくちゃ残業して働きまくる。
  • 給料水準の高い会社に転職
30代
30代

残業&給料の高い会社へ転職の2択。もしくは副業って感じかな。

給料(年収)が高いほど仕事が面白い

給料が高い人の方が仕事に余裕を持っている方が多いと思いませんか?

給料が高い会社に勤めている人は案外、「仕事は楽だな~」と感じています。もしくは、仕事を楽しんでいます。

イメージでは、給料が高い仕事は責任が重くて辛いとか思われていますが、実際は違います。

責任が軽いとは言いませんが、楽しく仕事をしている方が多く生産性も高く、機械化で社内業務がスムーズです。

年収が低い会社は消滅していく傾向にあります。(機械化、外注化、需要がなくなる)

30代で仕事の給料UP&楽になる為に重要なこと

いくら闇雲に頑張って資格やスキルを身に付けても給料は上がりません。

ではどうやると給料、年収UPで楽になるのか効果的な方法2つです。

  • 給料水準の高い会社で必要な厳選した資格を取る
  • 出来る限り若いうちにタイミングをみて転職する

という2点がポイントになります。

どうしてもやりたい仕事がなくて、お金を柱として考えるのであれば、転職もアリです。

本当に必要な資格について

  • 給料水準の高い会社に必要な資格を見極めなければならない
  • 資格ビジネスに騙されない様にする
  • 業界によっては資格が必要ない場合もある

なので、資格は厳選して取りましょう。

なるべく早く転職をする

転職をするのなら、若いうちが有利なのですが、注意点もあります。

優れた能力を持っていても、求人数が少ないという状況での転職はよくありません。知らず知らずに、とんでもないブラック企業に就職してしまうという残念な結果になる可能性もあります。

転職の成功に関しては、景気の状況にも作用されます。自分の力だけではどうにもなりません。

このようなミスマッチを防ぐためにも、優秀な転職エージェントに会っておくべきです。

30代のおすすめ転職エージェントの選び方

30代に限らずですが、

なるべく、複数社の転職エージェントを活用していきましょう。

現在、市場ではどの職業が人気なのか?
どのような職業が年収が高いのか?
業績や将来性は?

もしかすると、転職する必要がなく今の職場が恵まれていたということも発見できます。

自分の市場価値を知る為にも転職エージェントに、会っておくことはメリットです。

優秀な転職エージェントだと詳しく教えてくれます。

ただし、転職エージェントにも当たり、ハズレがありますので、複数社の転職エージェントの登録がおすすめです。

失敗しない転職エージェントの選び方は↓

大手の転職エージェントを選んでおくと求人数や優良案件が豊富にあります。

マイナビエージェント

30代後半の平均年収は450~530万くらいになります。マイナビエージェントを利用した50~70%も方が年収UPをしています。マイナビエージェントには一般には出回らない非公開求人が多数あります。またマイナビエージェントの独占求人もあるので、登録しておくべく転職エージェントです。

ワークポート

ワークポートの利用者は20代~40代前半です。職種も様々で営業系、バックオフィス系(人事・総務・経理・システム系)、販売系、IT系などがあります。リクルートエージェントやマイナビエージェントに比べて知名度は劣りますが、専門のコンシェルジュが求人のご紹介から面接対策、書類作成のアドバイスを行ってくれます。30代後半の方でマネジメント経験がない方にもおすすできる転職エージェントとなります。

doda

dodaの転職系サービスの登録者数は2019年現在では累計463万人です。まぎれもなく国内最大級の転職支援企業です。転職希望者の方は登録しておいて損はありません。転職者の満足度も高いのが特徴です。

まとめ

30代の転職で「給料UP&楽になる」仕事の見つけ方は、

  • 給料水準が高い会社を探す
  • 給料が高い=激務の概念を無くす
  • 給料が高い=効率化=生産性が高い=楽

日本企業のほとんどが、能力主義になると言いながらも年功序列主義からは抜けられない理由があります。

どんなに若手が優秀でスキルがあって、実績を上げても、給料は上がりません。(微増くらい)若い時期には評価されない仕組みになっています。

ここで、若手の年収を急に上げると・・・

中高年の社員からのクレーム、社内のモチベーション低下など引き起こす恐れがあるの給料を上げることができない状況なのです。

結論として、

給料水準の高い会社で、必要な資格、スキルを身に着けていくことが一番給料が上がり、仕事が楽になります。

スポンサーリンク
人と企業とをつなぐサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました