30代の転職について

30代未経験から転職は厳しい?転職活動を成功させるコツ

30代の転職について

社会人として経験を積み、現職の実態を知り、この職場ではやっていけない・・・・と、自らのキャリアプランを描くことができなくなることは誰しもあると思います。また、現職とは違った分野でチャレンジしたくなることも誰にでもあると思います。

そんな時、転職エージェントはあなたの背中を押してくれ、貴方の転職成功への道のりを一緒に考えてくれます。転職エージェントは企業に良い人材を紹介することで手数料を貰える仕組み(GIVE & TAKE)となっているので、転職活動では頼りになります。

この記事は30代未経験から新たな分野にチャレンジする方におすすめの記事となります。お役に立てば幸いです。

30代の転職「同業にいくべきか」お悩み解決!

30代未経験から応募可能な職種にチャレンジする際のコツ

転職を決めるうえで、何を大切な判断軸(何を優先するか)は人により様々です。仕事の内容・労働環境・職場の環境・給与・昇格可能性・転勤の有無など色々あると思います。満足のいく転職となるかどうかは、自分のなかで重要視するものが本当に転職で実現できるかどうかで決まります。

よって、自分のなかで、何を転職で実現したいのかを明確にしていくことから始めましょう。最初は思い浮かぶことを何でも書き出し、グルーピングしながらまとめていくと考えを整理しやすくなります。

その後は、判断軸に優先順位をつけ、どこまでを実現するかを決めましょう。実現するものが大きくすればするほど、内定を得られる難易度は上がっていきますので、一旦決めてしまって転職活動の進捗状況を見ながら妥当なラインを調節していきます。

次に、大切にすると決めた判断軸に沿って、企業に応募していきます。採用面接では、内定を得るためによい印象を与えようと、求職者は受けた質問への対応のみに集中しがちになりますが、面接は本来、お互いのマッチングの場です。本当に自分が決めたことがその会社で実現できるか、貴方も選定しましょう。

30代未経験の男性からでも挑戦できる仕事について

未経験で人材を募集している場合の企業の思惑とは?

未経験者の採用の理由は、下記の2つのケースが多いです。

  1. 経験者が転職市場にいないため、未経験者を採用するしかないケース
  2. 業務経験も重要だが、それ以上に他の評価項目が重視されるケース

30代未経験者、採用の具体例

次に未経験者採用の具体例を紹介します。

  1. ゼネラリスト(総合職)の採用で、当該業務の適正よりも、会社とのマッチ、総合スキルを重要視しているケース
  2. 当該業務の経験はあるにこしたことはないが、経験したことを着実に身に着けてもらえれば十分に足りるケース
  3. 何度も採用してきたが定着率が悪く、まずは、定着してくれる人材を見つけることに精一杯になっているケース

どのような状態であるかを人事の説明、現場訪問時の雰囲気から情報を仕入れ、判断をしていきましょう。情報が少なすぎて分からなければ、人事への質問や、従業員とのミーティングを設定してもらい、情報を入手し判断しましょう。

30代未経験での転職活動の注意点

現職には退職届を出さない限り、働くことができるはずです。内定を得るまでは、会社を辞めずにノーリスクで転職活動を行うことをお勧めします。退職してから活動を行うと、なんで会社を辞めたのか?何か病気などで働けない理由があるのか?色々企業に勘ぐられます。

また、退職済みであることを隠して内定をもらったとしても、経歴詐称として内定取り消しを受けるリスクがあります。現職には転職活動行っていることはバレないようにしてください。判明するとマイナスになることのほうが多いです。

30代未経験から応募可能な職種を探しやすくする方法

これまでの経験から自分にはどのような仕事がよいのか、まず目星をつけてから始めましょう。これまで経験してきた仕事を通して、あなたはどのような強みがあり、どのような仕事をしたいですか?

企画など、計画を立て、設計していく段階の仕事がよいのか、一般的な営業など決められたルールの中で自由に行動していく仕事が好きなのか。決まったら自分の強みが活かせ、楽しめる職種を絞っていきましょう。

コツとしては、弱みについても考えておくことは重要ですが、弱みを克服するよりは、強みを伸ばすことを考えるほうが、面白いですし、実際に成果につながりやすいです。弱みは、ほどほどの分析で終わらせましょう。

何かを計画・設計するような仕事ですと、王道で企画系職種全般はもちろん、技術を少し学んでプログラマーや、施工管理など、人材が圧倒的に不足している分野にチャレンジするのも手です。

決まったルールのもとで自ら動くことが好きな方は、王道で営業系職種はもちろん、様々なシステムの運用系職種(コールセンター・オペレーター)などの職種は市場に人材が不足しており、ご意向に沿っていればおすすめです。

30代未経験の方は複数社の転職エージェントに登録がおすすめ

転職エージェントを利用すれば、自己分析をお手伝いしてもらえるだけでなく、自らの強み・好みに沿った転職先を紹介してもらえます。客観的なアドバイスをもらえるよい機会ですので、リクルートエージェント・dodaなどいくつかの転職エージェントに登録することをお勧めいたします。

同じサービスでも担当となってくれるエージェントによって例にあげた大手でも品質は大きく当たり外れがあるのが現状なので、その観点からも複数の転職エージェントに登録することをお勧めします。

利用したくないと思うエージェントが担当になった場合や、一社で十分と感じるようになった場合は、利用をやめたいといえばもちろんすぐに利用をやめられるので安心して登録して大丈夫です。

dodaエージェントがひどいって本当!?38歳の転職にも協力的なのか試した結果!

リクルートエージェント

全国どのエリアでも転職先が確保できます。業界・業種問わず幅広く案件があります。非公開求人はおよそ20万件。市場の動向や過去の事例などを考慮し、求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1だからできる分析で転職活動をサポートしてくれます。

doda

dodaの転職系サービスの登録者数は2019年現在では累計463万人です。まぎれもなく国内最大級の転職支援企業です。転職希望者の方は登録しておいて損はありません。転職者の満足度も高いのが特徴です。

マイナビエージェント

30代後半の平均年収は450~530万くらいになります。マイナビエージェントを利用した50~70%も方が年収UPをしています。マイナビエージェントには一般には出回らない非公開求人が多数あります。またマイナビエージェントの独占求人もあるので、登録しておくべく転職エージェントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました